無料の会員登録をすると
お気に入りができます

職場での好印象はこうして与える!上司に可愛がられる"デキる寵愛女子"の特徴♡

特に美人でもなく、仕事ができるわけでもないのに、なぜかいつも上司から可愛がられる人っていますよね。そんな可愛がられる人には、実は様々な共通点があるんです! 今回は、デキる寵愛女子がさり気なく行っている共通ポイントをご紹介します。

2017年6月
ライフスタイル

あの子と私どこが違うのかな…?

あなたの職場で、周りの先輩や上司から可愛がられている同僚はいませんか?自分と同じミスをしても、その子だけ許される光景を目にすると、ちょっとうらやましく思ってしまったり。

同じ時間働き、同じ業務をこなして、同じ給料をもらっているのならば、みんなに可愛がられながら、楽しくお仕事をやっていきたいもの。今回は、そんな愛され部下の特徴をご紹介します!

これであなたも寵愛女子♡可愛がられるコツ

1. 「清潔感がある子」は最強の条件

どんなに仕事ができる子、もしくはきちんと挨拶ができてハキハキ返事ができる子であったとしても、“清潔感に欠けている”だけで、印象は大きくダウン。身だしなみが整っているだけで、無条件に美人に見えますよね。

着ているシャツやスカートがシワになっていないか、またはヒールのかかとが潰れて、鉄の部分が丸出しになっていないか、一度客観的に自分を観察してみましょう。サラサラでつややかな髪の毛も印象UPに繋がります。

2. 食べっぷり&飲みっぷりがいい!

職場でランチや飲み会に行った際、「ダイエット中なんで…」といって食べるのを控えてしまうと、周りが残念な気分に。好き嫌いなくパクパク食べる女子、ゴクゴク飲む女子は、結構上司に可愛がられるものです。

美人でスタイルの良い女子社員よりも、良く食べてちょっとぽっちゃりなくらいの女子社員とランチに行く方が、気を遣わずに済むから楽しいという上司の意見も。食べる日は前後で食事の量を調整するようにしましょう。

3. 言動がとにかく「素直」

職場ではあまり自分の感情を表現することは少ないかと思いますが、愛され女子は感情をありのままに出します。わからないことがあれば「わかりません、もう一度教えてください!」と素直で前向きな姿は好感度もUP。

アラサー世代になると自分の経験値から、人のアドバイスがなかなか素直に聞けなくなって自分のやり方に固執してしまうこともあるかと思いますが、上司の言うやり方もいいかも?と取り入れる柔軟さも時には必要。

人から指摘を受けた時も、素直な人はどんどん吸収して自分のものにしていきます。結果、上手くいった時には「◯◯部長のおかげでうまくいきました!ありがとうございます!」とお礼を伝えられたらなお良いですね。

4. 「キモい」「ウザい」は絶対NG!

アラサーになっても学生気分で若者言葉を使っていませんか?話し方は、その人の内面を映し出しますし、美しい言葉を使える人は知的なイメージを与えます。

特に、役職がついたり部下ができたりと立場が変われば、言葉遣いを正すことはなおさらのこと。ネガティブなことを言いそうな時も、なるべくポジティブに変換するなど話し方にも気を遣うようにしましょう。

5. どんな時もがむしゃらで一生懸命!

女子なのに必死になって仕事を頑張っている、その健気な姿が前面に出ていると、泥臭い仕事を経験してきた上司たちに受けが良かったりします。

周りより仕事を覚えるのに少し時間がかかると自覚している人ならば、周りに迷惑がかからないよう部署で一番早く出社して資料を読み込んだり、前日に犯したミスの反省やその日のToDoを整理するなどの努力も大切。

決して「私、やってます!」というアピールをするという意味ではなく、自分が苦手でできないことはその分を補うために何倍も努力するという姿勢でいることが前提。努力する人は美しいオーラを放っています。

6. 服装はナチュラルでさりげなくオシャレに

流行っているものを身にまとえばそれなりに見えるのは、ハッキリ言って20代前半まで!アラサーになればメイクやファッションは「質にこだわる」へシフトしましょう。

服を選ぶ時は、素材がきちんとしているか、身体のラインに合っているかを基準に。また、露骨にセクシーだったりフェミニン過ぎたりするのも分不相応。落ち着いたナチュラル系は幅広い男性に受け入れられるはず。

7. どうしてもできない時は、甘えてみる

自分なりに一生懸命頑張っているけれど、どうしても締め切りに間に合いそうもない時って、周りに助けを求めたくなりますよね。「でも、みんな忙しそうだし自分でやるしか…」と残業の日々も辛いもの。

虚勢や強がりもいいですが、結局自分の首を締めることになりかねないので、こんな時は素直に「助けて~」と周りに救いを求めてみましょう。普段はしっかりしているけど、たまに弱い部分を見せることも大事なこと。

「可愛がられる人」は得をする♡

可愛がられる人というのは、何かしらの得をすることが多く感じますよね。周りの可愛がられている人や、今回ご紹介したことを参考に、色々と試行錯誤してみてはいかがですか?

記事に関するお問い合わせ