無料の会員登録をすると
お気に入りができます

職場の上司が苦手!心が軽くなる15の対処法

職場の上司が苦手な人だった。プライベートと違って、付き合わないということができず、毎日がつらいですよね。そんなときの対処法をお教えします。

2017年6月
ライフスタイル

職場の上司が苦手なんです…

どうやったらうまく付き合える?

職場の上司が苦手な人だとつらいですよね。プライベートでの付き合いなら会わないという選択肢も可能ですが、職場だとそうもいきません。そんな苦手な上司とうまく付き合うための方法をご紹介します。

上司について考えてみる

1.苦手なことを認める

「上司なのに苦手なんて思ったら悪いかも」「みんなは困ってないし、私だけが嫌がってるのは変?」なんて思ってしまうかもしれませんが、苦手な人や嫌いな人がいるのは仕方のないことです。

上司と反りが合わないこともあります。それで自分を責めてしまうとストレスにしかなりません。まずは、上司に対してマイナスの感情を持っているということを認めましょう。別に悪いことではないのですから。

2.上司だからって完璧じゃない

完璧な人間なんていません。それは上司だとしても同じ。自分も完璧じゃないから、欠点があるのはお互い様だと思うと、少し気持ちが楽になるかもしれません。

あまりにも嫌がらせをしてくるなら、「むしろ家族とかじゃなくて良かった」「ほかにやることがないのかな。かわいそうだなあ」なんて、思考を変えて受け流すのも気持ちとしては楽ですよ。

3.長所を探してみる

嫌な上司にだって、良いところがあるはず。たとえば、厳しくて怒鳴り散らしているけど言ってることは的確とか、嫌味ばかり言うけど仕事は早いとか。そうすると、前ほど上司が憎らしく見えなくなるかもしれません。

4.客観的に観察してみる

上司にうまく対処するには、まず上司のことを知ることから。嫌な人とか、苦手だとかは一旦置いておいて、人間として観察してみましょう。

忙しいとイライラする、ミスが増えると部下のせいにする、など行動パターンがわかってくるはずです。そうすると行動を予測できるようになるので、被害を受ける前に対処法を考えることができます。

5.自分を成長させるきっかけに

上司の嫌なところが目についたら、反面教師にしましょう。こんな風な言い方をすると部下は嫌がるから私も気をつけよう、なんていうように。

上司が嫌な人であればあるほど、自分が成長するポイントがわかります。それってむしろラッキーなこと。嫌な上司は自分を成長させてくれる存在と思えば、仕事も楽しくなるかもしれませんね。

なるべく関わらないために

嫌な上司にはなるべく関わらないことも大切。しかし、仕事なのでずっと避けるというわけにもいきません。そこで、なるべく関わらない実践的な方法も知っておきましょう。

6.“仕事”のみに集中する

とにかく仕事に集中しましょう。「上司が嫌だな」なんて考える暇なんてないくらい忙しくしましょう。上司に報告するときも、ただ仕事のことだけを考えて、シンプルに伝えて。

人として接するから疲れてしまうので、仕事だけで関わっていれば良いと思えばだいぶ気持ちが楽です。

7.第三者をまじえる

嫌な上司と二人きりだと気まずかったり、誰も見てないからと嫌がらせをしてくるかもしれませんよね。なので、上司と接するときは、第三者を巻き込みましょう。

上司との接し方

8.礼儀正しく接して付け入る隙を与えない

あなたも嫌いな上司と好きな上司で態度が違ってはいませんか?無視したり、悪口を言ったり…それだとあなたが悪者のレッテルを貼られてしまうだけです。

苦手だからこそ、礼儀正しく接した方が、周りからの信頼も高まって、いざというとき味方になってもらえます。相手に付け入る隙を与えないようにしましょう。

9.性格に難ありなら全ての感情を排除して

感情が動かされるからこそ、怒ったり悲しくなったり、ストレスがたまったりします。なので、上司と接するときは一切の感情を捨てましょう。

くだらないお小言が始まったなら、「ラーメン食べたいなー」とか全く別のことを考え続けるとGOOD。ただし、内容を聞いてないとそこをチクチクと責められる可能性もあるので、必要なことは聞き取りましょう。

10.闘う準備はぬかりなく

あまりにもハラスメントがひどいときは闘う覚悟を必要です。そのために証拠を残しておきましょう。嫌がらせを受けた日記を書くとか、メールやLINEなどならキャプチャを残しておいて。

証拠を見せてコンプライアンス部門や社内の相談窓口などに提出すれば説得力が増しますし、然るべき対処もしてもらえます。

また、自分の仕事の実績をまとめておけば、生産性で文句を言われても対抗できます。転職のためのポートフォリオとしても役立ちますよ。

11.一度ちゃんと向き合ってみる

苦手な上司だけど、実はお互いに誤解しているだけかもしれません。なので、積極的にコミュニケーションを取ったり、二人で話し合ってみたり、あえて近づいてみるのもありです。

向き合ってみてやっぱり苦手、ということもあります。心に余裕があるならば、距離を近づけてみるのも一つの賭けです。

仕事のストレス解消法

12.仕事の愚痴を聞いてもらう

マイナスな感情は溜め込むと心が悲鳴を上げてしまいます。どんな方法でも良いので吐き出しましょう。友達でも同僚でも、愚痴を聞いてもらうのも良いでしょう。かなりスッキリしますよ。

www.pexels.com

また、人に言うことで、上司にこんな嫌がらせをされたらどうしたら良いのか、と客観的にアドバイスしてもらうこともできます。まずは感情を解放しましょう。

13.会社の内外に信頼できる人を作る

会社の中で励まし合える同僚を作るのもありです。共通の敵を作ると人は強くなれます。そして、会社の外にも信頼できる人を作るのが大切です。家族とか恋人とか友達とか、どんな人でもかまいません。

会社でダメと言われ続けると、自分はダメな人間だと思い込んでしまいます。しかし、それは会社内での評価に過ぎません。なので、会社の外で信頼できる人を心の支えにして、あなたの自信を取り戻す必要があるのです。

あなたのこれから

14.仕事に邁進して上司の上に立つ

とにかく仕事に邁進して、結果を出すという手もあります。成果を上げれば、上司だって文句を言えません。頑張って、いつか上司の上に行くことを目標にして。

立場がかなり上なら難しいですが、1年だけ先輩とかなら可能性はあります。自分が上司になったとしても、部下となった嫌味な上司には優しく接しましょう。それがデキる人のなせる技です。

15.異動願いを出す・転職する

ずっと嫌な環境で働く必要はありません。あなたが我慢する必要はないのです。闘うことに疲れたら、逃げることだって、あなたを守るためには大切なこと。

Photo by Jeremy Bishop / Unsplash

なので、異動願いを出したり、思い切って転職しても良いです。違う環境なら、あなたの力を存分に発揮できるようになるかもしれませんよ。

もう上司だって恐くない!

仕事は生活に直結するからこそ、なかなかやめることもできないし、嫌な上司と向き合っていかなければなりません。それでもできる限りの対処をすれば、どんな上司も恐くありません。

この記事が、社会で頑張る女性たちへ、嫌な上司に負けずに進むための手助けになれたら幸いです。

記事に関するお問い合わせ