無料の会員登録をすると
お気に入りができます

嫌いじゃないけど飽きてくる…。誰でも訪れる「倦怠期」の乗り越え方

好きだとしても、彼との関係がぎくしゃくしてしまう時期ってありますよね。だけど、乗り越えたい。そんな「倦怠期」の対処法をご紹介します。

恋愛・結婚

大好きな人なのに飽きてきた…

でも、倦怠期は乗り越えたい

どんなに好きな彼だとしても、なんとなく気持ちが慣れてしまった、前ほどドキドキしなかったり、逆に関係がぎくしゃくしてしまったことはありませんか?恋人や夫婦であれば、そんな倦怠期は必ずやってくるもの。

好きだからこそ、また仲の良い時期に戻りたいですよね。そこで、倦怠期の乗り越え方を学んでいきましょう。

倦怠期はどんな状態?

具体的にはどんな状態なのか、一覧にまとめてみました。

・付き合ったばかりのドキドキ感がない
・相手の嫌なことばかりが目についてしまう
・一緒にいても愉しくない
・スキンシップがしたいと思わない
・義務感で一緒にいる
・会話が続かない

こんな気持ちを抱いてはいませんか?それは倦怠期が訪れてしまったからなのかも。

どんな時期に、どんな理由で訪れる?

倦怠期はいろんな時期に訪れるようです。その時期ごとに、理由も異なります。

3ヶ月:「好き」だけじゃない「何か違う」を感じる時期

Photo by Toa Heftiba / Unsplash

付き合ったばかりは「好き」という気持ちだけがあります。しかし、3ヶ月ほど経つと相手のことを知って、嫌な部分が目についてしまい「何か違う」と感じてしまうのでしょう。

半年:我慢していた不満が爆発する時期

相手に嫌だなと思うことがあったり、不満があっても黙ってしまう女性が多いです。それが我慢できなくて爆発してしまうのが半年くらい。急激に相手への愛情がダウンしてしまいます。

1年:刺激がなさすぎて飽きてくる時期

記事に関するお問い合わせ