無料の会員登録をすると
お気に入りができます

なんとなくダルい、体が重いときにおすすめ♡ゆるゆる10分ストレッチで疲労回復

「いくら寝ても疲れがとれない」「体がだる重い」「なんだか無気力」、そんな症状はありませんか? それは、体も心もお疲れのサインかも。忙しくても短時間でできる、疲労回復のストレッチフローをご紹介します。体のメンテナンスで心も軽やかに♡

2017年6月
美容

頑張った分だけ感じる疲れ

酷使した筋肉はストレッチで労ってあげて

季節の変わり目の時期ですね。最近、「なんだか心も体もパっとしない」とお悩みではないですか? 気圧のせいにしてしまいがちですが、実はあなたに最も負担をかけているのは、いつの間にか蓄積された心身の疲労かもしれません。

現代社会では、我慢することや頑張ることが多いですよね。普段、グッと気を張っていることで心も身体も力が入り、筋肉は緊張して固くなってしまいがちです。頑張った分だけ、心身がほぐれる時間が必要です。

かといって、一生懸命仕事を頑張っているとゆっくり時間もとれないのも事実。そこで、今回はわずかな時間でも心と身体がほぐれるような、部位別に効果の高いストレッチをご紹介していきます。

全身スッキリ♡疲労回復ストレッチフロー

今回は特に、みなさんがお疲れがちな「首・肩・腰・脚」を中心に、全身がほぐれるストレッチを流れるようなフローで行なっていきたいと思います。リラックスできる環境をつくってからやってみてくださいね♡

まずは首からほぐします♡

まずは楽な格好になり、楽な姿勢で座りましょう。頭をゆっくり回していきます。吸う息で首の前側を通り、吐く息で後ろ側を通るように、頭頂で3周大きな円を描いていきます。終わったら逆回しもどうぞ。

頭の重さは、約5kgほど。ボーリング球の重さぐらいあると言われています。大事な頭を毎日支えてくれる首を労るような気持ちで、首筋の伸びを気持ち良く味わいながら丁寧に回しましょう。

首を回し終えたら、一度大きく息を吸って。吐きながら首を右側にパタンと倒し、右の手のひらを頭の上へ優しく添えましょう。頭と腕の重みを感じながら、脱力します。普段入りがちな肩の力も、楽に緩めてあげて。

吐く息で少しずつ、斜め前側に頭を転がしていき、気持ち良いと感じるところでキープ。首の斜め後ろ側の伸びを感じます。3〜5呼吸ほど置いたら、反対側も同様の流れで繰り返します。

肩まわりスッキリ♡

両手を両肩の上に軽く添えます。吸う息で肘同士を引き寄せたら、そのまま上にUP。吐く息で外側遠くを通りながら、肩と肩甲骨周辺を緩めます。3周繰り返したら、逆回しも同様に行います。

記事に関するお問い合わせ