無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「嫌われてもいい」と割り切るための4つの方法

ライフスタイル

「人から嫌われたくない」と思ったことはありませんか? 人から好かれよう、気に入られようとして周りの目を気にし過ぎると、ストレスを抱えることになります。そこで今回は、心理カウンセラーの笹氣健治さんに、「嫌われてもいい」と割り切れるようになるための方法を教えてもらいました。

互いの意思を尊重し合うのが良識ある社会人の態度であるにも関わらず、子どものいじめのようなことをするような人は、精神的に未熟で付き合う必要のない相手です。

そういう人たちとは、むしろ積極的に距離を置いた方がストレスにならなくていいはずです。

このように最悪の状態を考えてみると、自分の恐怖は案外、取り越し苦労かもしれないと思えてくるものです。

あとは、そんな最悪の状態にならないように、自分の表現方法を工夫すればいいだけです。

「嫌われたくない」と思う人ほど、慎重かつ丁寧に表現できるはずですので、上手なコミュニケーション方法についてぜひ学んで試してみてください。

(2) 話し相手を見つける

怖い場所に行く時には、誰かと一緒だと少しは安心できるものです。怖い気持ちを誰かと共有できることで、恐怖は薄らいで気持ちが落ち着きます。

そこで、気の置けない友人や家族に、自分のことを正直に話してみてはいかがでしょうか?

「自分は嫌われたくないと思う気持ちが強い」「こういう時には、ついこういう行動をしてしまう」といったことを聞いてもらうと、それだけで気持ちが落ち着いていくことに気付くかもしれません。

相手から「分かる! 私も同じ!」といった反応があると、「ああ、私だけじゃないんだ」と安心できることもあります。

今まで誰にも言えず1人で抱え込んでいたものを外に出すことで、気持ちが楽になります。すると、ちょっと頑張ってみようかな、と思えてきます。

(3)自分で自分に話し掛ける

自分の気持ちを共有できる相手がいない時、あるいは自分1人の時に、恐怖に耐える役に立つのが、自分で自分に話し掛けることです。

「やっぱり、嫌われたくないと思ってしまうよね。今はそれも仕方ないよね」

「大丈夫! なんとかなるよ」

「あの人が私の気持ちや意見を受け入れてくれなくても、それはそれで仕方ないよね」

「今回はちょっと怖いから、自分の気持ちは言わなくてもいいんじゃない?」

こうやって自分に向かって言うことで、気持ちが落ち着いてくるものです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ