無料の会員登録をすると
お気に入りができます

洗濯ハカセに聞いた「ニットやセーターの洗い方」型崩れ防止、縮ませないコツ

洗濯ハカセこと、神崎健輔さんにニットを縮ませず、型崩れなしできれいに洗う方法を伺いました。洗い方、洗剤選び、干し方まで完全網羅し、ふわふわに仕上げる技も伝授。秋冬は毎日のように袖を通すウールやカシミヤのニット。シーズン中にクリーニングに出すのは面倒だし、コツを覚えておきましょう。

インテリア

「ニットをふわふわにさせるのは洗濯後、乾いてからブラッシングをして繊維を立たせてあげること。毛玉ケアにもなるので長く大切に着たいのならぜひブラッシングを。また、ウールやカシミヤなどの動物性の素材であれば、アイロンの蒸気を当てながらブラッシングすると繊維が蒸気で伸びよりふわふわになりますよ! 季節の変わり目など、たたみじわがついたニットを復活させるのにも使えるテクニックです。これは洗濯後だけでなく、日々のメンテナンスとしてぜひ取り入れてほしいですね」

〈関連記事〉

洗濯ハカセのアドバイス「夏の部屋干し」で失敗しがちな3つの理由

・・・・・

優しく素早く洗えばいいんでしょう?と思っていたのですが、そもそもの洗剤チョイスを間違っていたことが発覚。「中性洗剤で優しく素早く」を肝に銘じ、恐れることなくニットのおうち洗いに挑戦しようと思います!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ