無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏は「アイスボックス割」が新定番♡アレンジレシピ7選

夏になると食べたくなる森永製菓の「アイスボックス」。そのままでも十分おいしいですが、最近ではお酒やジュースで割ってオリジナルカクテルを楽しむ人が増えています。極上のひんやり感と果汁感はやみつき間違いなしです。そこでアイスボックスのアレンジレシピをご紹介します。

2017年6月
レシピ

アイスボックスが夏ドリンクの新定番?

instagram.com

アイスボックスは、森永製菓のロングセラー商品として根強く人気のアイスですよね。特に暑い夏にはすっきりクールダウンできるとあってストックしている人も多いのではないでしょうか。

最近は、アイスボックスにお酒やジュースを入れて楽しむ人が急増中です。ひんやり極上の冷たさとゴロッとした氷は夏ドリンクの定番になること間違いなし。そこでアイスボックスの簡単アレンジレシピをご紹介します。

経済的でローカロリーなのも人気の秘訣♡

instagram.com

アイスボックスは、100円程度で買えるうえ、1カップ食べてもカロリーはわずか13kcalという、女子には嬉しいローカロリースイーツです。そこでおすすめのアレンジレシピをご紹介します。

仕事終わりに飲みたい「お酒編」

1.アイスボックス×ビール

www.morinaga.co.jp

グレープフルーツジュースとビールを半分ずつ入れたものに、グラスにアイスボックスを加えると、夏にぴったりのさっぱりとした飲みやすいビールになります。これならほんのり甘めなのでビールが苦手という人でも楽しめますね。

詳しいレシピはこちら

2.アイスボックス×焼酎(または缶酎ハイ)

グラスにたっぷりのアイスボックスをつめこんだ後、焼酎を注ぐと絶妙なさっぱり感のとさわやかな香りを感じられる酎ハイが完成します。程よい甘さですっきりとした1杯になります。

3.アイスボックス×ウォッカ×グレープフルーツジュース

www.morinaga.co.jp

グラスにアイスボックスを入れたら後はウォッカとグレープフルーツジュースをお好みで入れるだけです。グラスのふちに塩を塗っておくと、絶妙な塩気とさっぱり感で夏に欠かせない大人カクテルが出来上がります。

詳しいレシピはこちら
記事に関するお問い合わせ