無料の会員登録をすると
お気に入りができます

富山県立山町から日本酒の新ブランド〈IWA〉が誕生

グルメ

世界有数の深雪地であり、立山連峰を水源とする清らかな水に恵まれた、富山県立山町白岩。この地に、日本酒の新たなブランド〈IWA〉が誕生しました。

このお酒がこれまでになく新しい理由は、フランスのシャンパーニュ地方の中心に生まれ、28年にわたり〈ドン ペリニヨン〉を率いたリシャール・ジョフロワさんが手がけていること。

リシャール・ジョフロワさん。

最初のリリースとなる日本酒〈IWA 5〉は伝統的な技法で醸されながらも、日本酒にとって画期的な手法であるブレンド技術を用いて完成したといいます。

同ブランドでは様々なクリエイターとコラボレーションを行っており、ボトルのプロダクトデザインはマーク・ニューソンさん、ラベルのアートディレクションは中島英樹さん、題字は書道家の木下真理子さん、酒蔵の設計は建築家の隈研吾さんが手がけています。

〈IWA 5〉Photo:JONAS MARGUET

今回ご紹介するのは、写真家・津田直さんとのプロジェクト。2019年冬から2020年秋まで、およそ1年かけてIWAが生まれた舞台を撮影するもので、公式サイトにて、順次シリーズを公開していきます。

津田さんは、IWAのコラボレーターのひとり、〈桝田酒造店〉当主・桝田隆一郎さんを訪ねた際に、あるテーマを見出したといいます。

「今回のお話を頂いてから富山にある桝田さんの酒蔵を訪れ、日本酒がどのように生まれるか——米を磨き、研ぎ、浸し、蒸し、麹を加えて発酵させ、搾り、ようやく一滴のお酒が落ちるまでの過程を見せていただきました。そのときに、なんと長い旅を経てお酒が生まれるんだ、という印象を受けたんですね。また、立山町は山と海のつながりが見て取れる場所にあり、3000メートル級の山から一気に山肌が下り、水深1000メートルの富山湾の海へと入っていくんです。山頂から海底迄は、4000メートルもの高低差があります」

「その地形について調べていたときに、雪解け水が山から富山湾へそそぐ過程と日本酒が生まれるまでの過程が僕の中で重なり、”水の旅”のようなものを想像し始めました。そこでリシャールさんに、1年を通じて富山のランドスケープを撮影し、水を巡る旅を追ってみてはどうですか、とご提案しました」

それからミーティングを重ね、パリで合流した際には意気投合したという津田さんとリシャールさん。かくして2019年冬より、撮影プロジェクトがスタートしました。

上の写真は、「酒母(しゅぼ)」と呼ばれるもの。蒸した米と麹、水を用いて酵母を培養したもので、文字通りお酒の母、元となるものです。

津田さんはこうしたイメージをランドスケープ同様にとらえ、サイトでは、新雪の写真と対(つい)のように並べられています。

津田さんの写真を眺めていると、春は新緑に萌えた木々が秋には紅葉するように、この地でつくられたお酒が白岩という環境から生まれ出たものだということが自然なことのように思われます。津田さんは立山の水がお酒の味にも深く関わっているといいます。

「リシャールさんに”水とは”と問われたときに、僕は”それは経験のようなもの”と答えました。水はかつて山に舞い降りた雪だったかもしれないし、雨の滴だったかもしれないし、川だったかもしれない。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ