無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おうち周りでもオシャレ、知人にバッタリ!でも安心の「ジャケ ✖️ ワンピ」コーデが大人の新常識

ファッション

コンサバ好きほど、お出かけ服と家着の差が激しいもの。stay home期間に感じたこの悩みを、一枚のジャケットが見事に解消します。お出かけ服と家着の間くらいのオシャレ、〝中間コーデ〟を用意しておけば、誰にバッタリ会ってもなんです。

ジャケット¥26,000(エトレトウキョウ)ワンピース¥19,000(エイトン/エイトン青山)ピアス¥38,000(ルフェール/UTS PR)ネックレス¥20,000(アダワットトゥアレグ)バングル¥9,200(JUICY ROCK)サンダル¥23,000(コルソ ローマ 9/ebure)バッグ¥7,000(レスポートサック/レスポートサック)

> “バンドカラーワンピ”を知的にシフトする「ノーカラータイプ」

「劇団四季の『ライオンキング』に出演した経験がある次女の里桜。最近、少しずつ歌とダンスのレッスンを再開したけれど、今はまだ電車に乗るのを不安がるので、仕事がない時は車で送迎しています。送迎先で先生や他のお母様方とも顔を合わせるので、ワンピスタイルでもラフすぎないように意識しますね。ジャケットで〝母スイッチ〟を入れたら、なんだか娘も嬉しそうで会話も弾むんです」(モデル・小野千恵子さん)

バンドカラーワンピにはノーカラーで胸元をすっきりと。ベージュとリネンの柔らかさで素敵な母のオーラに。キメすぎないように足元はヌーディサンダルで抜け感を。

ジャケット¥62,000ワンピース¥42,000(ともにebure)ピアス¥28,000(カイマナ/カオス新宿) バングル¥8,500(ワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)サンダル¥93,500(サントーニ/リエート)バッグ¥23,000(マルコ マージ/デミルクス ビームス 新宿)

撮影/清水将之(mili) モデル/小野千恵子 ヘア・メーク/MAKI (LINX) スタイリスト/乾 千恵 取材/小仲志帆 ※情報は2020年9月号掲載時のものです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ