無料の会員登録をすると
お気に入りができます

彼女のこんな姿は見たくない!付き合いが長くても気をつけてほしい5つの行動

好きな人だからと言っても、付き合っていると相手の見たくない部分が出てきますよね。今回は、男性が幻滅してしまう気にしてほしい彼女の行動をご紹介します。

2017年6月
恋愛・結婚

ヒステリーの原因

寝不足やストレスでイライラしたり、感情をぶつけてしまう人は、後で考えると自分も不思議に思うくらい、「なんであんなにイライラしてたんだろう?」と思うことが多いんです。反省したなら、素直に謝るのがベスト。

「自分は悪くない!」と態度を改めないでいると、相手から愛想を尽かされてしまうことも。特に、生理前のイライラなどは、自分でもある程度予測が出来ますよね。男性に理解されにくいからこそ、対策を考えることが大事です。

④言葉遣いが荒くなる

男性がスポーツ観戦をしている時にヤジを飛ばしたり、熱中して口調が荒くなる人っていますよね。見ていて嫌だなと思うのと同じで、女性にされても嫌なことなんです。冗談ならOKでも、日常的になると幻滅されます。

「運転中・スポーツ・ケンカ」

つい口調が荒くなってしまうシチュエーションとして有名なのが、運転中やスポーツ観戦中、ケンカをしている時が代表的。その場だけならまだしも、日常的に攻撃的なところを見せるのは要注意。

www.pexels.com

愚痴を言う相手を選ぼう

女性同士は、話をすることでストレスや日頃の悩みを発散出来ますが、男性は違うんです。聞き役になってくれる女性がモテるのと同じで、なかなか愚痴を最後まで聞ける人って少ないんです。

デート中や、2人で過ごしている時にずっと愚痴を聞かされると、テンションも下がって、一緒にいても楽しくないと感じます。聞き流されたり微妙なリアクションにイライラするくらいなら話す相手を選びましょう。

⑤昔のことを根に持つ

前にケンカしたことや、彼から言われて傷ついたセリフをいつまでも覚えているのは女性の方が多かったりします。その時はケンカしたことでも、今は仲直りしているのであれば、ケンカのたびに毎回持ち出すのはやめませんか?

されて嫌だったことをいつまでも覚えてしまってトラウマになるほどでない限り、相手の嫌なところを見た時やイライラしている時に「いつもそうだよね」や「全然変わらないね」と言われると一気に冷めてしまうことも。

男女関係なく、昔のことをいつまでもチクチクと攻撃してこられるとウンザリしてしまうもの。お互いに謝って、納得して前に進んでいるのであれば、過去のことは封印して水に流してみましょう。

記事に関するお問い合わせ