無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[毛穴の開きの原因や予防法を紹介]引き締め力が不足しているかも?おすすめのスキンケアアイテム3選も

美容

「毛穴の開き」トラブルの原因は、気(き=エネルギー)の働きによる引き締め力が不足しており、毛穴をキュッと閉じることができなくなっていること。引き締め力が弱いためにバリア機能が低下し、かぜを引きやすい、汗をかきやすいなどの傾向も。そこで毛穴の開きを防ぐための生活習慣や、おすすめのスキンケアアイテム3選をご紹介します。

毛穴の開きトラブルの原因や予防法とは?

毛穴の開きトラブルの原因

小鼻や頬のあたりなど、毛穴が目立つと気になるもの。毛穴が開く原因は、過剰な皮脂や乾燥、紫外線などさまざまなことが考えられるけれど、東洋医学では気(き=エネルギー)の不足を一因ととらえる。

毛穴は閉じたり開いたりすることで、体内の老廃物を汗や皮脂とともに排出したり、外的な刺激から肌を保護したりしている。けれども気が不足している人は、毛穴を閉じる「引き締め力」が低下し、毛穴が開きっぱなしになるというわけ。肌のバリア機能が低下しているので、刺激によってトラブルを起こしやすい状態でもある。

原因は過労や睡眠不足。バリア機能が低下していて、風邪をひきやすい、疲れやすい、汗をかきやすい、息切れしやすいといった症状も。色白で体毛が濃いタイプの人に多い。

毛穴トラブルの予防のために心がけたいOK習慣

冷たい水で洗顔し、化粧水でやさしくパッティングを。開いている毛穴を内側におさえるイメージで、パッティングしよう。肌に軽い刺激を与えることで、体表面を強化し、バリア機能を高めて。また腹式呼吸による深い呼吸もバリア機能を高めることにつながる。特に忙しくしていると呼吸が浅くなりやすいので、1日1回は深い呼吸をする時間をもつことを意識して。

毛穴を引き締めるためには、梅干し、レモン、ビネガードリンクなど酸味のある食べ物や飲み物がおすすめ。このタイプの人は、過労ぎみの傾向があるので、酸味のある食材は疲れの回復にもなる。
山芋、ニンジン、レンコンなどの根菜類は、不足しているエネルギーを補うのに効果的。積極的に食べるようにしよう。

毛穴トラブルの予防のために気を付けたいNG習慣

毛穴が開いていると黒ずみや皮脂が気になって、ゴシゴシ洗ったり、クレンジングシートなどを使用したりしがち。けれどもバリア機能が低下した状態なので、摩擦などの刺激を与えることは逆効果に。こすらずにやさしく洗顔して、しっかりと保湿することを心がけよう。

体力をつけるために体を動かすのはいいけれど、無理に動かすのはNG。普段の生活の中で歩く時間を増やす、エレベーターやエスカレーターではなく階段を使うといったことで体力をつけよう。
また、このタイプの人は気温の急な変化に対応しにくく、ダメージを受けやすいので、要注意。暑い屋外と冷房が効いた部屋とを行き来することで、体調不良を起こすだけでなく、毛穴の開きなどの肌トラブルも起こしやすくなる。冷房の効いた部屋では、上着をはおるなどの工夫を。

教えてくれた人

成田かおるさん

漢方ビューティブランド「カガエ カンポウ ブティック日本橋髙島屋S.C.店」店長、漢方カウンセラー。同店にて、漢方薬からハーブティ、スキンケア、アロマまで、からだの内外からのトータルビューティケアを提案している。店舗は東京(上野・日本橋)、仙台、名古屋、京都で展開し、商品は銀座ロフトでも取り扱い中。

毛穴ケアがかなうスキンケアアイテム3選

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ