無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏のお弁当対策!傷ませない6つのコツと傷みにくいおかず

暖かい季節はお弁当の傷みが気になります。食中毒の心配があるので、いつものお弁当より注意が必要です。そこで傷ませないコツと、傷みにくい食材選びや調理法、お弁当の保冷方法を紹介します。

2017年6月
レシピ

美味しいお弁当を安心して食べるために

美味しいお弁当は1日の中で楽しみな時間です。しかし夏は食中毒に気をつけなければなりません。梅雨の時期から秋にかけて、湿度と温度が上がるのでお弁当が傷みやすいからです。

普段の何気ない行動が危険かもしれません。そこで傷みにくいおかずや保冷のコツを紹介します。

①お弁当箱や箸箱はよく洗い乾かす

長男のお弁当作りが今日から始まりました。
バタバタだった今朝…それが毎日だなんて😂
毎日お弁当作りされてる方尊敬します✨
長男のお弁当ついでに夫の分も作ろうと
まずは形から…と曲げわっぱ弁当箱買いました。
さすがに本物は高くて買う勇気がなく、カビたらショックが大きいので楽天でお安いものを🎵
二人分のお弁当作れる日はいつになるだろ😅
#ブログ更新しました #曲げわっぱ弁当 #まずは形から #お弁当箱 #暮らし#くらし#日々のこと #日々の暮らし #simplelife #シンプルライフ
instagram.com

食中毒に気をつける際に大事なのは菌からお弁当を守る事です。熱湯をかけて殺菌する事が手軽で安心な方法です。お弁当の蓋のパッキンも外して洗いましょう。お弁当箱は風通しの良い場所に置いておくとカビがふせげます。

②ご飯とおかずは冷ましてから入れる

お弁当を詰める時に暖かいままご飯やおかずを詰めてしまうと、お弁当箱の中で冷えた水蒸気が水となって水滴がついてしまいます。この水分は細菌が繁殖しやすい環境を作ってしまい傷みやすくなってしまいます。

お弁当に詰める食べ物は、冷ましてからが鉄則です。早く冷ましたい時は、お皿にご飯を広げて置くと早く熱を冷ます事が出来ます。おかずを作っている間に冷めるので、ぜひやってみてください。

③おかずはしっかり加熱する

食中毒の原因になる最近は熱に弱いものが多いので、しっかり加熱することが大事。ハンバーグや、つくねなどの加工済みのお肉のおかずは、内部まで細菌が入り込んでいる可能性がありますので、しっかり焼きましょう。

④水気を出さないように工夫する

細菌の好物は水分です。生野菜に含まれる水分が細菌の繁殖の助けになるので、夏場の生野菜は気をつけましょう。ミニトマトはヘタを必ず取ってください。ヘタの部分に細菌が繁殖しやすいので夏場はあらかじめ取り除いておきましょう。

記事に関するお問い合わせ