無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏のお弁当対策!傷ませない6つのコツと傷みにくいおかず

暖かい季節はお弁当の傷みが気になります。食中毒の心配があるので、いつものお弁当より注意が必要です。そこで傷ませないコツと、傷みにくい食材選びや調理法、お弁当の保冷方法を紹介します。

レシピ

3.マヨネーズを使ったおかず

偶然知ったんだけど、今日は #マヨネーズの日 らしいよ!笑
こっちゃんはマヨネーズバディだから、記念に並んでおこうね❤︎
*
*
『失礼しちゃうの、あたち』
*
*
#マヨネーズ体型
#完全に一致
#不本意
#マヨネーズ
#キユーピー
instagram.com

マヨネーズと野菜を和えると水分が出やすくなります。食材が傷む原因になってしまうので、夏場は避けた方がいい調味料です。

傷みにくい食材

梅干し、生姜、酢の3つが傷みにくい食材です。どの食材も抗菌作用が強いので夏場のおかずにぴったりです。ご飯に少し酢を混ぜて炊くと、ご飯が傷みにくくなります。

ちょっとしたコツを抑えれば大丈夫

気温が高く湿度の多い5月後半から9月にかけて多発するのが食中毒。毎日のお弁当作りも少し気をつけるだけで、安全に食べられるようになるのでぜひ参考にしてみてください。

記事に関するお問い合わせ