無料の会員登録をすると
お気に入りができます

費用はどれくらい?出産に向けてみんなが気になること

子育て

妊娠の喜びと同時に気になることは「出産費用」ではないでしょうか。総額でどのくらい掛かるのか、公的な支援などがあるのか、という情報を知っているか知らないかでは、お金の準備に大きな差が出てしまいます。

出産を間近に控えて慌ただしくなる前に、早めに確認しましょう。

出産にかかる一般的な費用とは

まず国民健康保険中央会の調査によれば、出産費用の平均額では50万円以上というデータが明らかになっています。内訳としては分娩料が出産費用のおよそ半分を占め、残りが入院料、新生児管理保育料などが挙げられ、そのうち分娩料がもっとも負担が大きいと言えるでしょう。

合計で50万円以上も掛かる出産費用ですが、健康保険組合から「出産育児一時金」として子ども1人につき42万円を受け取れる制度もあります。そのため合計して考えると、自己負担金はおよそ10万円程度に落ち着くのです。

どのように出産するかで差が出る費用

出産費用が高かった、想像より低く抑えられた、などさまざまなケースがありますが、この原因は何でしょうか?

いくつか理由はありますが、まず大きいのは「出産する場所」です。都心に近ければ近いほど費用は高くなる傾向にあり、東京都は約60万円、鳥取県であれば約40万円程度と言われています。このように出産する場所の違いで、20万円近くの差があるのは大きいポイントではないでしょうか。

次の理由は、「出産する施設による違い」です。病院での出産が費用としてはもっとも高く、その次に診療所、助産所となります。

また「出産する時期」でも変化はあります。例えば、連休中や早朝深夜などは施設によって費用が異なるケースも……。深夜料金などが必要かどうかは早めに確認しておくと安心ですね。

かかる費用が変わってくる!出産する人は申請を忘れずに

最初に紹介した出産育児一時金のほかにも、さまざまなバックアップ体制が用意されているのです。ここではその仕組みを詳しく見ていきましょう。

もらえるお金の中から対象になるものを探そう

各自治体では妊婦健診費の一部、もしくは全額を助成する制度が用意されています。助成される金額は平均で約10万円程度ですが、自治体によって約7万円から14万円程と、およそ2倍の開きが見られ、これは無視できない差と言えるでしょう。

そのほかには、出産する本人が会社勤めをしているのであれば、勤務先の健康保険から「傷病手当金」や「出産手当金」を受け取れます。こちらは各種の条件をクリアする必要がありますので、まずは会社の担当部署に相談してみましょう。

医療費が高額になった場合に知ってると安心なこと

また、あまり知られていませんが、出産のための費用が医療費控除の対象となる場合があります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ