無料の会員登録をすると
お気に入りができます

仕事も恋ももっと輝く♡毎日の自由な「自分時間」を作ろう

毎日、仕事や家事に追われて、自分がやりたいことができていないと感じている人はいませんか?その場合「自分時間」を確保するための方法を知っておくと、あなたの心にも余裕が生まれるかも。

2017年6月
ライフスタイル

「自分時間」を作れていますか?

自分のためだけの時間は大切

毎日毎日、仕事や家事に追われて自分の時間が持てない、気がついたらテレビやスマホであっという間に時間が経ってしまう…など。本当はやりたいことがあるのに、時間が足りなくてできないという方も多いのでは?

そんな中でも、やりたいことや夢を叶えて生き生きと過ごしている人は、必ず誰にも邪魔されない「自分時間」を確保しています。

そこで、時間の無駄を省き「自分時間」を作るコツや、取り組む事などのアイデアをご紹介します。

物事をスムーズにこなすには?

1日のスケジュール計画から空き時間を見つける

まず起床から就寝まで、1日のスケジュールを組み立ててみましょう。意識するのは余裕のあるスケジュールにすること。詰め込んでしまうと、だいたいはスケジュールをこなせません。なので無理がないように。

Photo by Sophie Ollis / Unsplash

その中で、自由時間を確保できそうな時間を見つけるのです。たとえば仕事前に少し早起きするとか、逆に子供が寝てからの夜の時間など。

まとまった時間を作るのが難しいとき、15分が3回などこまめに自由時間を確保するのもGOODです。スケジュール帳やアプリなどで1日の流れを確認してみましょう。

ON/OFFはきっちり分ける

仕事でプライベートの悩みを考えていたり、家でも仕事のメールをするなど、ONとOFFがきっちり分けられてないと、脳が常に忙しい状態になります。OFFはきっちり休むことで、ONもフルパワーで動けるのです。

www.pexels.com

仕事中は集中してプライベートのことを考えないように心がける、帰宅したら仕事は持ち込まないなど、ON/OFFはきっちり分けましょう。物事もスムーズに進みますよ。

隙間時間を有効活用

1日の中で意外と何もしていないという隙間時間があります。たとえば出勤退勤時間、コピー機の印刷待ちやメールの返事待ちなど。

そんな隙間時間に1日の献立を考えるなど、やるべきことをこなしましょう。1日のやるべきことを早く終わらせられます。

あえて「休む」

早く仕事や家事をこなすためには、休みなく働くことが一番と思っていませんか?実はこまめに休憩をした方が、疲労が回復して集中力も高まり、仕事もスムーズに進められるそうなんです。

Photo by Toa Heftiba / Unsplash

仕事中ならコーヒーブレイクだったり、家事なら好きな音楽を聴いたりストレッチをしたり…。また、1日の終わりにしっかり睡眠を取ることも、効率がよくなりますよ。しっかりと休息を取ることを大切に。

「自分時間」を確保するための心持ち

「断る」勇気も必要

誘われたら付き合ってしまったり、頼まれたらやってしまったりしていませんか?付き合いの良さ、というのはそんなあなたの良さでもあります。しかし、それは本当にやりたいことですか?

Photo by Ian Schneider / Unsplash

自分を犠牲にすることに疲れていませんか?誘われても、頼まれても、応じるのは最低限にして「断る」というのも、自分の時間を確保するためには大切なことです。

やりたいことを「予約」する

やりたいことというのは日常に流されてしまうものです。例えば、美容院に行きたかったのに仕事が忙しくて足が運べなかったことや、観たい映画があったけどいつの間にが上映時期が終了していたとか。

そこで、やりたいことは先に予約しましょう。美容院は予約、映画はチケットを取る、旅行するなら飛行機やホテルを予約するなど。決めてしまえば、そのために時間を作るために何とかやりくりするはずです。

Photo by Andrey Larin / Unsplash

1日の中でも、まず最初に「自分がやりたいこと」を決めて、その予定を先に組み込んでみましょう。自分を優先するということも、ときには大切ですよ。

ときには「頼る」こともあり

それでも自分の時間が捻出できないのなら、別の人に頼りましょう。例えば彼に子供をお願いして外に出かけて自由に過ごしたり。

www.pexels.com

「自分だけ楽して良いのかな」と思わないで。自分の時間は誰にでも大切です。追い詰められる前に誰かに頼んだりお願いすることは、決して悪いことではありません。

やりたいことは1日1つ

やりたいことは1日1つだけに限定しましょう。やりたいことが多すぎると、いっぱいいっぱいになってしまいます。

Photo by Brooke Lark / Unsplash

やりたいことがたくさんあるときは、日替わりで分けると良いでしょう。たとえば月曜日はジョギング、火曜日は読書、水曜日はドラマ鑑賞なんていうように。その方が1つのことに集中できますよ。

意外と時間をつぶしていること

SNSは見る時間や回数を決める

SNSを見始めたら止まらなくて、気づいたら恐ろしいほど時間が過ぎていた、という経験はありませんか?もちろんあなたのためになっているなら良いですが、本当にやりたいことではないとしたら制限しましょう。

Photo by Roman Kraft / Unsplash

まずSNSの通知は切ること。1日に見る時間や回数を決めておきましょう。1時間だけ、朝昼晩3回だけ見る、出勤退勤の移動中だけにするなど。SNSを見ていた時間を、自分の時間に変えることができます。

テレビやネットは見たいものだけ

テレビを付けっぱなしにして流し見したり、ついネットサーフィンが長引いたりしてはいませんか?本当に見たいものなら良いですが、そうでないのであれば時間がもったいないです。

疲れてぼーっとしたいのもわかりますが、目の刺激になり逆に休まりません。それなら代わりに瞑想やストレッチをしましょう。テレビは見たいものだけ録画して観る、ネットは使う時間を決めるなど、強弱をつけましょう。

「自分時間」に取り組むアイディア

好きな香りを嗅ぐリラックスタイム

癒やしの時間を確保することで、日々のストレスが和らいだり、体を休めたりできます。好きな香りを嗅ぐことで、心地良い気分になり、癒やしの時間となるでしょう。

たとえばお香や、お風呂でアロマキャンドルを焚くなどで気分転換。好きなボディクリームを塗って寝るのもおすすめです。疲れを取りたい時は香りを上手に活用しましょう。

エクササイズで理想のボディに

Photo by Alexander Mils / Unsplash

理想のボディラインを叶えるためにダイエットしたい方も、時間があればいろんなエクササイズができますよね。ランニング、ヨガ、ピラティス、筋トレなど。自分のためにきれいを目指す時間は充実していますよね。

日記や自分への手紙を書く

日記を書く時間に充てるというのも一つの案です。自分を見つめ直す、目標を見つける、感情を吐き出して心を落ち着かせるなど、心に寄り添うことにつながります。自分への手紙を書いてみるなんてのも良いでしょう。

習い事でなりたい自分に

「こんなことができるようになりたい!」「こんな私になりたい!}という思いを叶えてくれるのが習い事。やってみたいことに挑戦する時間にするのも良いでしょう。

2016.1218
英語の勉強をする時、よく付箋を使います。
よく使う付箋をまとめて持ち歩きたくて、何かいい入れ物はないかと探していた時に見つけたキャンドゥのボックス\(*ˊᗜˋ*)/
↑多分セリアでも売ってます!
大きめの付箋が2つも入るし、小さい付箋も空いたスペースにぴったりと収まってくれるので本当にジャストサイズで嬉しい«٩(*´ω`*)۶»
勉強する時には必ず一緒に持ち歩いてます♡
そんなこんなでおとなの基礎英語も2冊目!
どんどん英語勉強頑張っていきたいなー!
#おとなの基礎英語 #英語の勉強 #英語 #単語帳 #電子辞書 #英会話 #english #キャンドゥ #セリア #seria
instagram.com

たとえばペン字や習字で美文字を目指す、英語を習ったり金融の資格を取ってスキルアップを狙う、生け花や陶芸で感性を磨くなど。自分なりにやってみたいことにトライするのはいかが?

趣味で好きな時間を充実

Photo by Brooke Lark / Unsplash

趣味のために時間をたっぷり使うのもGOOD。ネイル、読書、塗り絵、刺繍、おいしいスイーツを食べに行くなど、自分の好きなことをできるというのはとても楽しいこと。存分に時間を満喫しましょう。

思いっきり休む

「何もしない」選択もありです。忙しすぎるときは「何もしない」で休むことが、一番自分のためになります。もう限界だというときは頑張りすぎず、心の声に耳を傾けて、「休みたい」という気持ちに寄り添いましょう。

「自分時間」でやりたいことを叶える

自分の時間を捻出することは難しいですが、見直してみると意外と時間を作ることができるのもわかりましたね。時間を作るために無理はせず、でも、しっかり確保することも時には大切。自分がやりたいことを叶えましょう。

記事に関するお問い合わせ