無料の会員登録をすると
お気に入りができます

雑談苦手を克服♡こうすれば間が持つ「話のネタ」16選

ライフスタイル
Photo by Christopher Campbell / Unsplash

相手にとって役立つ話題を提供できますし、自分も今後のために役立つ情報を得られます。

職場の同僚・部下

5.社内の「人間関係」

同僚であれば共通の話題は社内のこと。社内の人などは話題になりやすいです。上司は厳しいけど仕事がデキるからすごいとか、部下の〇〇さんは癒やしキャラだとか、会社での人間関係の話題は発展しやすいです。

ただし、愚痴や悪口にならないように注意しましょう。「この人はどこでも悪口を言ってる」と思われて、信頼されなくなってしまいます。

6.「仕事」や「会社」のこと

やはり仕事や会社についても盛り上がります。同じ仕事なら愚痴は尽きませんし、どうやったら効率的に働けるかアドバイスをもらったり、会社についてどうしていきたいかと目標や理想を語りたい人も多いです。

Michael H / GettyImages

同じ仕事をしているからこその話題を提供しましょう。

7.「趣味」で仲を深めて

仕事仲間だからといって、仕事の話ばかりでは疲れてしまいます。休憩中の雑談だったら、仕事とは関係ない話をするのも良いでしょう。自分の趣味を話したり、相手の趣味を聞いて興味を持ったり。

Photo by Wes Powers / Unsplash

共通の趣味があるなら一緒にでかけるなど友達になれたり、恋愛関係に発展するかもしれません。趣味の話で距離を近づけたいと思っている人と仲を深めましょう。

気になる男性・付き合ったばかりの彼氏

8.「スポーツ」は好きなら盛り上がる

BraunS / GettyImages

「スポーツ」も話題にしやすい分野です。プロのチームの応援とか、最近話題になっているスポーツの大会とか、趣味でスポーツをしている人ならその話を聞くとか。お互いにスポーツが好きなら盛り上がります。

9.「音楽」で彼の一面を知る

彼に好きな音楽を聴いてみるのも良いでしょう。どんなジャンルが好きなのか、どうしてその音楽が好きなのか、聞いてみると彼の人となりが垣間見えるはずです。

記事に関するお問い合わせ