無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“マスク荒れ”の救世主!敏感になった肌をいたわるスキンケアアイテム6選!

美容

乳液は1プッシュ分が1回の使用量目安。ミルキーでなめらかなテクスチャーだ。こちらも香りは特に感じない。

まず両手のひら全体に広げてから顔全体に広げ、朝はスタンプ押しで顔の中心から外側へなじませていく。夜は腹式呼吸をしながら朝と同じようにスタンプ押しをしてなじませ、次に目の周り、眉頭~こめかみに向かってツボを押すのがコツ。

つるんと毛穴レスな肌に!

どちらもやさしいつけ心地で肌への浸透が早く、きめの整ったなめらかなうるおい肌に仕上がった。透明感とハリ感もアップし、みずみずしくふっくらした肌に。朝と夜でつけ方を変えることにより、朝はすっきりした気分に、夜はリラックスした気分になれる。

「dプログラム」公式サイト

イハダ 薬用バーム

お次は資生堂薬品株式会社の『イハダ 薬用バーム』(20g・希望小売価格 税抜1,350円・発売中)。マスク荒れにいいとしてSNSを中心に話題になった人気商品だ。

高精製ワセリンと抗肌あれ有効成分が配合されており、うるおいバリアで乾燥などによって繰り返す肌トラブルを予防してくれる。敏感肌でも毎日使える低刺激設計なのもポイント!

ころんと手のひらサイズで持ち運びにも便利!

テクスチャーはとてもやわらかで、少量でもなめらかにのび広がっていく。香りは特になく、ソフト&エアリーな使い心地で使いやすい。ワセリンはベタつくイメージがあるが、ベタつかない使用感も人気の理由。

化粧水、乳液で肌を整えた後、指先に小さなパール粒くらいの量をとり、顔全体または乾燥の気になる部分になじませる。人肌でとろけてのび、肌にピタッと密着。顔全体になじませる場合は、両頬、額、あごの4か所に置き、広い部分から、顔の中心~外側へ向かってなじませていく。

化粧水と乳液のうるおいを肌に閉じ込める“うるおい保護膜”を形成してくれるので、乾燥知らずのうるおい肌が長時間続いた。ワセリン配合なのにベタつかないため、メイクの邪魔にならないのも嬉しい。マスクのあたるところに重ねて塗るのもおすすめ。

「イハダ 薬用バーム」公式サイト
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ