無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今こそ日本の魅力を知る。“絶景パワー”がすごい国内世界遺産7選

旅行・おでかけ

国内旅行が増えている今こそ、世界に誇る日本の魅力を再発見してみませんか? 2020年現在、日本国内の世界遺産登録数は文化遺産19、自然遺産4の合計23にも上ります。なかでも“絶景”が自慢の名所なら、その迫力に日々の疲れも一気にリフレッシュできるはず! 旅色が厳選した、パワーを感じられる絶景自慢の世界遺産をご紹介いたします。

Text:ART&旭

刻々と表情を変える日本のシンボル[富士山]

日本の象徴であり、国内最高峰の富士山。日本人と密接な関係を持つ信仰の対象であることや、葛飾北斎ら浮世絵の題材になるなど文学・芸術に多くの影響を与えたことから、「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」として世界文化遺産に登録されました。

秋から冬の期間は、日出や日没時に富士山頂に太陽が重なってダイヤモンドのように輝く「ダイヤモンド富士」を見ることができます。富士山と光輝く太陽が作り出す光景は、まさにパワーを感じる自然の芸術。四季折々、刻々と景色が変わる富士山には、美しい姿をシャッターに収めようと全国から多くのファンが訪れます。

住所:山梨県南都留郡鳴沢村字富士山
電話:055-223-1316(山梨県観光文化部世界遺産富士山課)、0544-21-3220(静岡県富士山世界遺産センター)
登録年月:2013年6月

生命の息吹が宿る神秘的な島[屋久島]

九州本土の最南端、佐多岬から南に約60kmのところにある小さな島。九州で最も高い山、宮之浦岳(標高1,936m)が位置する「山の島」でもあります。1993年、白神山地とともに日本で初めて自然遺産に登録されました。

山々は樹齢7200年以上の縄文杉や、約1,500種類の豊かな固有種に覆われ、島全体の約20%が自然遺産地域となっています。有名アニメ映画「もののけ姫」の舞台にもなったといわれ、うっそうとした森の中を約5、6時間かけてトレッキングするツアーも人気を集めています。奥へ進むと出会える、苔むした巨岩の中にそそり立つ縄文杉は圧巻の姿です。

住所:鹿児島県熊毛郡屋久島町
電話:0997-46-2333(屋久島観光協会)
登録年月:1993年12月

400年以上の時を超え、美しい姿を今へと伝える名城[姫路城]

写真提供:姫路市

400年以上の歴史を持つ姫路城。1993年に、その木造建築における美的完成度が高く評価され、日本で初めての世界文化遺産となりました。外観は、白鷺が羽を広げたような優美な姿に見えることから「白鷺(しらさぎ)城」の愛称で親しまれ、建築的な素晴らしさだけではなく、多くの物語の舞台としても語り継がれています。近年は約5年半にも及ぶ「平成の大修理」を経てまばゆく生まれ変わりました。

春には城と美しい桜のコラボレーション、夏には青々と茂る緑の中で際立つ白い城壁など、季節ごとにさまざまな表情で訪れる人を魅了します。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ