無料の会員登録をすると
お気に入りができます

書きたいけど続かない…「ブログ」の長続きする方法と失敗しないコツ

「ブログやってるよ」という人は多いけれど、意外と続かないのもブログです。どうやったら長続き、そして失敗しないで書き続けられるのでしょう?気負わず気楽に、そして楽しくブログを続けるコツをご紹介します。

2017年6月
ライフスタイル

「ブログが続かない」人はなにが原因?

自分の気持ちを整理したい、ちょこっとお小遣い稼ぎにアフィリエイトをやりたいなど、ブログをはじめる理由は人それぞれ。けれど、意外とブログって続かないですよね。気がつくと数ヶ月放置!なんてことはザラです。

長年ブログを書き続けられる人には、ある共通点がありました。「どうしてブログが続かないのかしら?」とお悩みの方は、理由を分析し、自分に合った方法を実践してみましょう♡

1.◯◯すべきはやめよう

「〜すべき」は危険信号

「画像に透かしをいれなくちゃ」「PCとスマホの両画面に対応したサイトにしなくちゃ」などなど、すべきことを自分に課していくと、ブログ運営がとたんに重いものへと変わってしまいます。

特に、PCを開かないと操作できないブログの場合、足が遠ざかってしまう率が高くなるようです。なるべくスマホでできるようにしておくのがブログ運営のコツですね。

ブログネタはリアルタイムでなくても良い

ブログ内容にはメリハリが必要です。「今ここで出しておかないと」という部分と、「いつでもいいか」という内容を混在させると、心理的に更新が楽になりますよ。

ブログの達人は毎日きちんと更新し、おもしろいネタをどんどんあげていく印象があります。けれど、多くは現在と過去を上手に使い分けているはず。何個もストックネタを持ち、状況に応じて入れ替ているのです。

予約投稿をうまく使おう

ブログネタ入れ替えには、予約投稿が欠かせません。ブログの達人ともなると、ネタは2週間〜1ヶ月は持っていることがほとんど。かといって、1日中パソコンの前に座っているわけでもありません。

ブログの達人は隙間時間の使い方が上手。「これ、ブログのネタにしよう」とひらめいたら、スマホに内容をメモしたり、写真を撮影しておくのです。「〜すべき」ではなく「見つけた」が正しい感覚。

音声入力はとっても便利

ブログというのは目に見えない誰かを想定し、話しかけるようにすると楽に書けます。これには音声入力が一番なのでぜひ利用してみましょう。

メッセージ作成欄にマイクのマークがありますよね。ここをタップし、自分が伝えたい内容をしゃべってみて。一発で書きたいことは表せませんが、あとから文字修正を加えることできちんとした文章になります。

2.ブログを楽しむためにしたいこと

仲間や反響はモチベ維持に大切

「私は自分の想いをブログに吐き出しているだけ。仲間なんていらない」という人は、わざわざネットで公開するはずがありません。なんだかんだ言いつつ、他者との繋がりや賛同を求めているのですよね。

インターネットの世界というのは、日本人だけでなく、それこそ世界中の人たちと繋がれるメリットがあります。共通の趣味や話題を通じ、自分からも交流する姿勢がモチベーションにも関わってきますよ。

リアルな人と同じように接しよう

インターネットは匿名性もあり、時に人はあり得ないほど攻撃的になってしまいます。「面と向かっては言えないけれど、文章だったら大丈夫」は非常識な考え方です。

ブログというのは、文章を使用した人との交流手段であるのを忘れずにいたいですね。この写真のように、みんなが笑顔でいられるサイトは長続きするそうです。

徐々にスキルアップしていこう

ブログ運営が軌道に乗ってくると欲が出てきます。ここまできたら、徐々にスキルアップをしていきましょう。

ネットリテラシーや商用化に向けた想定も大事にしたいところ。人気ブログの書籍化=出版社のチェックが入っているのを忘れないで!継続は力なりですよ。

身の丈にあった内容だと続く

ブログの内容は人によって様々。長く続けるコツは、身の丈にあった内容にすることです。

人はいつでもパリピーではいられません。ブログにUPするためにいつも行動を起こしていたら、いつか息切れしてしまいます。無理せず気負わず、自分が長く続けられるテーマでブログを書いていきたいですね。

3.ブログ運営で気をつけたいこと

何を発信したいのか明確に

ブログは目的が明確なものほど人気ブログ化しています。食べ歩きが趣味の方のブログには、食に関して興味ある人が集まります。基本は己の趣向でブログ検索してくることを忘れずにいたいですね。

ハワイのブログなら、ハワイのブログに特化したものが理想です。雑記ブログなら、「子育て」「アラサー」「独身OL」などのざっくりとしたテーマで手広くやるのが良いそうです。

ネガティブ意見は時として相談を

人は自分の意見に賛同してもらいたいし、共感を得て欲しいと感じる生き物です。一方で、自分の意見と対極の考えを持つ人も一定数いるのを理解しておきましょう。

掲示板やメッセージなどで嫌がらせが続いた場合は、ネット運営会社や警察に相談するなどの対応も検討してくださいね。小さなトラブルが大きなものへ発展することもあります。言葉遣いにも気をつけましょう。

定期的に過去の文章を見直そう

インターネットの世界は情報の入れ替わりが速く、自分が発信した情報が古かったり、時に誤ったものである場合もあります。

「一度発表したものを書き直すのは恥ずかしい」ではなく、定期的に内容を見直すことは大事ですよ。食べ物系のブログをやっている方は閉店や移転情報をこまめにチェックしてみて。更新があると信頼度もUPです。

「誰かのためになる」は素晴らしいこと

「自分のサイトには誰もコメントしてくれないな」と思っても、実は隠れたファンがいるのもブログです。

音沙汰や連絡はなくても、アナタのブログを楽しみにしてくれている人がいるかもしれませんよ?「誰かのためになる」ブログは、自分にも他者にも有益です。ぜひ、あなたのペースでブログを続けてみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ