無料の会員登録をすると
お気に入りができます

太っていないのになぜ? スマホが原因の「二重アゴ」解消エクササイズ&マッサージ

スマートフォンやPCの普及に伴い、太っていないのに「二重あご」に悩む女性が増えているそうです。そんな現代の悩みにお応えする、二重あご解消エクササイズとマッサージをご紹介します。

2017年6月
美容

太っていないのに気になる「二重アゴ」

原因は生活習慣かも

現代社会において、スマートフォンやPCは生活に欠かせない存在ですが、みなさんはどのような姿勢で操作していますか?背骨が丸く、顔が前に突き出た「猫背」の姿勢で長時間利用してはいませんか?

www.pexels.com

無表情でいると顔の表情筋が衰え皮膚がたるんできたり、姿勢が悪いと血行不良となりむくみが発生してしまいます。もしかすると、そのようにスマートフォンやPCを操作してきた時間の積み重ねが、「二重アゴ」をつくったのかも?

ボディラインは服で隠せても、フェイスラインは隠せないですよね。せっかく綺麗な身体でも、二重アゴのせいで太ったり老けて見えるなんて損をしないために、二重アゴ解消法をご紹介します♡

現代「二重アゴ」の主な原因

姿勢不良や血行不良による「むくみ」

「むくみ」は、姿勢が悪い方に多く見られます。悪い姿勢で酷使された筋肉は硬くなり、血行不良を起こして「むくみ」に繋がっていきます。他にも肩こりなど、姿勢不良は私たちに多くの悩みをもたらします。

筋力低下や栄養不足による「たるみ」

www.beautylish.com

「たるみ」で代表的な原因は、表情筋の低下です。普段デスクワークの方は特に、顔の表情をほとんど動かさないため、衰えやすい状況にあります。また、顔のハリを作り出すコラーゲンなどの栄養不足も、たるみの原因と考えられます。

スッキリ♡二重アゴ解消法

Pin it
ピンもと: foto-guru.com
1

主な原因である「むくみ」や「たるみ」。ここからは、たるみを解消するための表情筋エクササイズと、顔のむくみを解消してくれるフェイスマッサージをご紹介していきます。

たるみ解消!表情筋エクササイズ

まずは背骨を真っ直ぐにできる楽な姿勢を作りましょう。顎を上げ、目線は天井を見ます。その姿勢で、顔全体を使って「あ・い・う・え・お」と動かしてみましょう。10セット行ないます。

次は上を向いたまま、舌をグッと突き出し、鼻先につけるように持ち上げましょう。10秒3セット。お風呂やトイレなど、誰も見てない場所で思いっきりやってくださいね。

むくみ解消!フェイスマッサージ

まずオイルやクリームをつけてから行なってください。人差し指と中指を曲げ、両方の第二関節で顎先を挟みます。油分で滑らせながら、耳下まで3回スライド。ゴリゴリしているところは丁寧にほぐしましょう。

次に親指を小鼻の横に挿し込み、耳横までスライドさせます。同様に3回。気持ち良いくらいと感じるくらいの圧で滑らせます。最後にエラ部分をこぶしでゴリゴリ。筋肉のコリをほぐしたら、耳横から鎖骨上まで、手のひらでリンパを流します。

気をつけよう!二重アゴ予防の生活習慣

最後に、注意したい生活習慣について。まずは、正しい姿勢を保つ筋肉をつけ、気づいたときに姿勢を正すクセをつけましょう。適度な運動やストレッチは、全身の血行を促進します。

普段の食生活においては、むくみの原因となる塩分や糖分の過剰摂取を控え、美肌を作るタンパク質やコラーゲンを多く含む食事を心がけます。食事中はよく噛むことで、顎の筋肉をしっかり使ってくれます。また満腹中枢を刺激して食べ過ぎ予防にも。

www.pexels.com

表情筋を活性化するなら、表情豊かにたくさん笑うことが一番です♡普段も常に口角をあげることで、口元のたるみを防ぐだけでなく、印象美人にグッと近づきますよ。

二重アゴを解消して一回り小顔へ♡

いかがでしたか?日々の積み重ねで二重あごを解消し、本来のお顔の大きさを取り戻してあげましょう。

日々スッキリしていくフェイスラインに、自然と笑顔になれるはず。毎日を表情豊かに過ごし、さらに魅力的な女性になっていきましょう♡

下半身痩せの秘密はお尻?♡1日たった3分 の「骨盤歩き」でキュッと引き締め

いよいよ本格的に肌見せの季節がやってきました。「ぽっこりお腹」「むくみ太り」「姿勢が悪い」など、なかなか思うような体型になるのは難しい。それってもしかして「骨盤」周辺の筋肉が衰えていることが原因かも? 悩みを抱えるダイエッター必見の「骨盤歩き」をご紹介します。
9978

なんとなくダルい、体が重いときにおすすめ♡ゆるゆる10分ストレッチで疲労回復

「いくら寝ても疲れがとれない」「体がだる重い」「なんだか無気力」、そんな症状はありませんか? それは、体も心もお疲れのサインかも。忙しくても短時間でできる、疲労回復のストレッチフローをご紹介します。体のメンテナンスで心も軽やかに♡
3160
記事に関するお問い合わせ