無料の会員登録をすると
お気に入りができます

旅好きなら知っておきたい。海やお天気、安眠まで「旅」のご利益がある神社5選

旅行・おでかけ

暑さも落ち着き、お出かけしたくなる季節になりました。どこへ行こうか迷った時は、全国各地にあるちょっと変わったご利益がある神社を訪れてみてはいかが? 今回は神社の中でも、旅色プラスならではの「旅」や「移動」に関する珍しいご利益がある神社を紹介します。人に自慢したくなるかわいいおみくじやお守りもあるので、ぜひ実際に訪れてパワーチャージしてください。

Text:ART&旭

【北海道】道東屈指のパワースポット、海上の安全にご利益がある「根室 金刀比羅神社」

文化3年(1806)、北前船で北海産物の交易に活躍した高田屋嘉兵衛が、漁場請負の際に海上安全と漁業・産業の振興、民生の安定を祈願して創建した古社が「根室 金刀比羅神社」。大物主神(おおものぬしのかみ)、事代主神(ことしろぬしのかみ)、倉稲魂神(うかのみたまのかみ)の御三神がお祀りされており、家内安全や子孫長久、漁業、商業にご利益があるとされています。

こちらの神社には様々なお守りやおみくじがあり、張り子のサンマ(体長約10cm)がついた「福ざんまいみくじ」は北海道ご当地みくじシリーズのひとつです。

そのほか、海でお仕事される方におすすめの「海上安全守り」、旅行の道中安全を祈念した「旅守り」なども人気です。
※社務所は8:30~17:00まで

◆根室 金刀比羅神社
住所:北海道根室市琴平町1-4
電話:0153-23-4458

【東京】映画『天気の子』でも話題になった「気象神社」

高円寺の氷川神社境内にある、日本唯一の気象神社。御祭神は八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)で、八つの気象条件を司ることができます。神話では、天照大御神が天の岩戸に隠れて世の中が暗闇になった時、外界に戻す知恵を考え出したのが八意思兼命とされています。八意思兼命のおかげで再び世界に「太陽」を取り戻すことに成功したことから、この神社が「気象の神様」と祀られるようになりました。

現在は、気象予報士試験の合格祈願や、雨男・雨女を卒業して「晴男・晴女」にと祈願する方が多く訪れています。

「晴守」は晴れをもたらすパワーを充填し、晴天祈願に特化した一番人気のお守りです。

◆気象神社
住所:東京都杉並区高円寺南4-44-19
電話:03-3314-4147
参拝時間/4月~9月/早朝〜17:30、10月~3月/早朝〜17:00

【東京】空の安全をお願いするなら「羽田神社」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ