無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ぴょんぴょん飛んで気分もリフレッシュ♡今日からできる「エア縄跳び」エクササイズ

道具がなくてもすぐに始められる「エア縄跳び」エクササイズ。いつでもどこでも出来て、お金もかからないので気軽にできる運動です。意外と運動量もあるので、ダイエット&リフレッシュになりますよ。あなたも今日から始めてみませんか?

2017年6月
美容

思い立ったらすぐできる!エア縄跳び

「エア縄跳び」って、ご存知ですか?名前通り、“縄跳びを飛んでいるフリ”をする運動のことです。道具を使わず、場所も取らないので、自宅で手軽に始めることができます。

実はこのエア縄跳び、簡単な運動なのに有酸素運動のため、ダイエットやリフレッシュするのに効果的なんです。今回はこのエア縄跳びについてご紹介します。

こんなに嬉しい♡エア縄跳びのメリット

普通の縄跳びだって、スポーツ選手もトレーニングに取り入れるほど、運動効果が高いことで知られています。では、エア縄跳びと普通の縄跳びは、どう違うのでしょう?そして、どんなメリットがあるのでしょうか?

手軽に出来る

エア縄跳びの一番の魅力は、その手軽さにあります。特別用意するものもなく、お金がかからずに誰でもすぐに始められます。そして、運動が苦手な人でも、ただ飛ぶだけなので簡単です。

また、本当に飛ぶ「縄跳び」は、縄が脚に引っかかったりして飛ぶことをストップしてしまうこともありますが、エア縄跳びなら自分のペースでずっと飛び続けられます。

どんな天候にも左右されない

屋外でのスポーツの一番の難点は、天候に左右されるということです。特にこの梅雨の時期は、雨に悩まされることも多いですよね。その点、室内で出来るエア縄跳びならばそんな心配も無用です。

雨の日も風の日も、暑くたって寒くたって、いつでも運動が出来ます。これなら毎日継続してダイエットに取り組むことができますね。

縄跳びは有酸素運動

縄跳びは、有酸素運動なので、脂肪を燃やすのに効果的な運動です。縄跳びの消費カロリーは、ゆっくりとジョギングするのと同じくらいのカロリーです。

girlydrop.com

また、ぴょんぴょんと飛ぶときに、脚の筋肉や腹筋を使うので、脚痩せやウエストを引き締める効果も期待できます。筋肉を鍛えて筋肉量を増やせば、代謝がアップし、脂肪を燃焼しやすくなります。

人目を気にせずできる♡

普通の縄跳びだってもちろんダイエットに効果があります。でも、大の大人が縄跳びをするなんて、ちょっぴり恥ずかしくないですか?その点、室内でできるエア縄跳びなら人目を気にせず飛ぶことができます。

girlydrop.com

それに、帰りが遅いお仕事女子だって、夜遅い時間に外出するのは防犯面で怖いけれど、室内での運動ならば安心してできますよね。

エア縄跳びのやり方

それでは、どのようにしてエア縄跳びをすれば良いのか、ポイントをご紹介します。

①正しい姿勢でリズミカルに飛ぼう

まず、縄跳びをする際は姿勢を良くしましょう。背筋をピンと伸ばし、両膝をつけて縄跳びを飛ぶ要領で飛びます。膝は軽く曲げるようにして、つま先でリズミカルに飛ぶようにしましょう。

②徐々に飛ぶ時間を長く!

慣れないうちは、3分間ほどをタイマーで測って飛びます。最初は1分間でも辛いはずです。慣れてきたら、3分飛ぶ→1分休憩→3分飛ぶというようにインターバルにして飛んでいき、徐々に飛ぶ時間を長くします。

また、ずっと同じ飛び方が飽きてしまうようならば、片足飛びや駆け足飛び、二重跳びなど、本当の縄跳びを飛んでいるようなアレンジ飛びをするのも良いでしょう。

③出来るだけ継続して

有酸素運動で脂肪が燃焼し始めるのは、運動開始から20分後と言われています。出来るだけ、継続して長い時間飛び続けられるようにしましょう。また、毎日続けることがダイエットには重要です。

とはいっても続けにくい時は…?

何も持たないで飛ぶだけでは、運動している感覚がなく続けにくいと感じる方もいますよね。そんな場合は、縄なしのエア縄跳びも販売されています。

カウンター付き エア縄跳び

¥ 1,410

カウンター付きでカロリーや回数が表示されます。モチベーションアップに効果的ですね。

商品詳細
カウンター付き エア縄跳び
item.rakuten.co.jp
商品詳細

エア縄跳びの注意点

エア縄跳びをするにあたり、いくつかの注意点があります。

着地はつま先で静かに

つま先で着地せず、かかとで着地するとドスドスと床に足音が響く場合があります。マンションなどで下の階に住人がいる場合は、十分に注意しましょう。ヨガマットなどを敷いておくと衝撃を吸収してくれます。

ストレッチを忘れずにしよう

エア縄跳びの前後は、十分にストレッチを行いましょう。全身の筋肉を使うため、よくほぐしておかないと筋肉痛になったり、脚を痛める恐れがあります。

下着を着用して美胸キープ!

ジャンプをする運動のため、胸が揺れます。型崩れを防ぐため、スポーツブラなど胸を支える働きのある下着をつけることをオススメします。

早速今日から始めよう!

いかがでしたか?特別な準備などがいらないため、思い立ったらすぐに運動ができるのが一番の魅力です。百聞は一見に如かず!早速今日からお試ししてみませんか?

記事に関するお問い合わせ