無料の会員登録をすると
お気に入りができます

痩せやすい体を作る♡ヘルシー生活習慣「基本の10か条」

痩せているかどうかを左右する重要な鍵は、生活習慣にありました。ここではヘルシー生活を始めるにあたって知っておきたい10のことをご紹介していきます。できることからでも始めてみませんか。

2017年6月
美容

痩せる鍵は「生活習慣」

あの子は元々太らない体質だから羨ましい。そう思ったことはありませんか?でもそれは誤解かもしれません。

実際には、日ごろの行いが大きく体型を左右しています!習慣が変われば、根本の体質も変わります。痩せやすいか太りやすいかは生活習慣次第といっても過言ではありません。

ここからはヘルシー生活を始めるために、知るべき基本の10か条をご紹介していきます。スタイルをキープし続けている人にとっては当たり前のことばかりかも!?できているかどうかチェックしてみてください。

1、早寝早起きを心掛ける

スタイル抜群な女性の多くが早寝早起きを習慣にしているんだとか。巡りの良い身体にためには、朝日を浴びて体内時計を整えることが不可欠ともいわれています。

早起きしてちょっぴり運動をすれば、一日の代謝を上げることもできます。運動をする暇がないから・・・というのは単なる言い訳ではありませんか?

ダイエットの敵「夜食」にさよなら!

人間の身体は、時間帯によって食べたものが脂肪になりやすいかどうかが変わってきます。夜遅くに食べたものは脂肪として体に貯め込まれる傾向があるのだそうです。夜食を食べると太りやすいのはそのためです。

夜遅くの食べると、翌朝のむくみやお腹の不調にも繋がってしまいます。早寝をするようになると、夜食を食べることもなくなりますよ!

2、水分補給をしっかりと

水分が足りていないと血液がドロドロになって老廃物が排出されなくなったり、便秘になりやすくなったりします。美容と健康に良くないことだらけ。こまめに水分を補給する習慣をつけましょう。

Pin it
ピンもと: ivoryella.com
19

個人差はありますが、1日1.5~2リットルを目安にしてください。特に朝起きたては脱水状態になっていることが多いので忘れずに。白湯を飲み内臓を刺激すると、便秘解消にも役立ちますよ!

3、歩数計で運動量をチェック

1日当たりどれくらい歩いているか把握していますか?太りやすいという方は、摂取カロリーに対し、日常的な運動量が少ないのかもしれません。歩数を把握するようになると、運動量を意識できるようになります。

歩数を知れば、少ない日には階段を使うようにするなど工夫ができるようになるはず。それだけで数百歩増やすことができます。少しずつでも運動量を増やすことが大切です。目指せ1日1万歩!

4、料理の基本は「焼く・蒸す」

ヘルシーな料理の基本は、食材の味をなるべく活かすこと。野菜なら生のまま、もしくは軽く蒸す程度で食べるのが理想的です。お肉や魚の場合でも、軽くソテーするくらいで十分美味しく食べられます。

最も避けるべきなのは、揚げる調理です。衣をつけて揚げ、さらにソースをたっぷりつけて食べていてはカロリーは当然高くなります。炒める場合であっても、油の量や質にこだわってみましょう。

5、野菜→肉・魚→炭水化物

血糖値が急激に上がると、インスリンと言うホルモンが分泌され脂肪を溜めやすくしてしまいます。それを避けるために、食事は野菜→肉・魚、そして最後に炭水化物を食べるようにしましょう。

www.pexels.com

この食べ方は、モデルさんやアスリートなども取り入れているんだとか。お米やパスタから食べるのはやめてみましょう。

炭水化物は敵じゃない!

炭水化物を完璧に避ける必要はありません。健康でいるためには欠かせない栄養の一つでもあります。適量を守って食べる、体型が気になる時には少し減らすなどして上手く付き合っていくのが正解です。

6、湯舟に浸かる

なかなか痩せないと悩んでいる人の中には、血行不良により代謝が落ちている人が多数います。身体を芯から温め巡りの良い身体にすることが大切です。

毎日でなくても、ゆっくり湯舟に浸かることを習慣にしましょう!乱れた自立神経を整えるのにも役立ちます。ストレスで暴飲暴食をしてしまう人は特に、湯舟に浸かってリラックスする時間を持ちましょう。

7、股関節をほぐす

股関節がかたまっていると、血流が悪くなり、むくみや冷え、代謝悪化の原因に。隣接する骨盤の歪みにも繋がってしまいます。激しい運動をする時間がないという方でも、股関節は常に柔らかくしておきましょう。

誰でも簡単にできる「腰割り」がおすすめです。足を大きく左右に開き、手を膝にそえて腰を落とすだけ。お相撲さんが四股を踏むようなイメージです。1日数回で良いので、取り入れてみて。

小尻・美脚も楽々♡1日10回「腰割り」でわがままボディに

引き締まった下半身をつくる「腰割り」についてご紹介していきます。しなやかなで美しいボディのバレリーナも取り入れているメソッドです。続けることで確実に嬉しい変化を感じられますよ♡まずは1日10回、ぜひチャレンジしてみてください。
10165

8、リセット日を作る

休むまもなく胃腸を働かせていると、疲れが生じ機能が落ちてしまいます。それが消化不良や便秘の原因に。放っておけば代謝も落ちてしまいます。

ヘルシーな身体を手に入れるためには、胃腸を休める時間を作ることが不可欠です。食べ過ぎてしまっても、その後2~3日で調整すればすぐに脂肪が増えることはありませんよ。

リセット日のメニュー 

リセット日は胃腸に優しいものを食べ、水分をたっぷりとりましょう。食べる量も通常の半分くらいに抑えてみて。お粥や野菜たっぷりのスープなどがおすすめです。

9、スイーツ→フルーツに代える

つい食べてしまうスイーツですが、それが太りやすい原因になっているかも。スイーツは控え、代わりにフルーツを取り入れると身体が喜びますよ。

www.pexels.com

例えカロリーは同じ場合でも、フルーツにはビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。砂糖や小麦粉、バターをたっぷり使ったスイーツよりずっとヘルシーですね。

10、味わって食べる

太りやすい人=早食いであることが多いです。よく噛まず食べれば満腹中枢が刺激されず、食べ過ぎてしまうのは当然のこと。スマホ片手に集中せず食べている場合でも同じです。

痩せやすい身体になりたいなら、食事を味わって食べましょう。見た目や香りをしっかり楽しんでから、口の中で20~30回は噛むようにしてみて。少量でしっかり満足できるようになりますよ。

これで、痩せやすくなる♡

ヘルシーな生活習慣を手に入れるための、基本の10か条をご紹介しました。あなたはいくつ出来ていましたか?これを実践すれば、体質も変わりみるみる痩せやすい身体に近づきます。

無理なダイエットを繰り返すのはもう終わり!正しい習慣を身につけて、いつまでも健康で美しい女性でいましょう♡

記事に関するお問い合わせ