無料の会員登録をすると
お気に入りができます

痩せやすい体を作る♡ヘルシー生活習慣「基本の10か条」

痩せているかどうかを左右する重要な鍵は、生活習慣にありました。ここではヘルシー生活を始めるにあたって知っておきたい10のことをご紹介していきます。できることからでも始めてみませんか。

2017年6月
美容

痩せる鍵は「生活習慣」

あの子は元々太らない体質だから羨ましい。そう思ったことはありませんか?でもそれは誤解かもしれません。

実際には、日ごろの行いが大きく体型を左右しています!習慣が変われば、根本の体質も変わります。痩せやすいか太りやすいかは生活習慣次第といっても過言ではありません。

ここからはヘルシー生活を始めるために、知るべき基本の10か条をご紹介していきます。スタイルをキープし続けている人にとっては当たり前のことばかりかも!?できているかどうかチェックしてみてください。

1、早寝早起きを心掛ける

スタイル抜群な女性の多くが早寝早起きを習慣にしているんだとか。巡りの良い身体にためには、朝日を浴びて体内時計を整えることが不可欠ともいわれています。

早起きしてちょっぴり運動をすれば、一日の代謝を上げることもできます。運動をする暇がないから・・・というのは単なる言い訳ではありませんか?

ダイエットの敵「夜食」にさよなら!

人間の身体は、時間帯によって食べたものが脂肪になりやすいかどうかが変わってきます。夜遅くに食べたものは脂肪として体に貯め込まれる傾向があるのだそうです。夜食を食べると太りやすいのはそのためです。

夜遅くの食べると、翌朝のむくみやお腹の不調にも繋がってしまいます。早寝をするようになると、夜食を食べることもなくなりますよ!

2、水分補給をしっかりと

水分が足りていないと血液がドロドロになって老廃物が排出されなくなったり、便秘になりやすくなったりします。美容と健康に良くないことだらけ。こまめに水分を補給する習慣をつけましょう。

個人差はありますが、1日1.5~2リットルを目安にしてください。特に朝起きたては脱水状態になっていることが多いので忘れずに。白湯を飲み内臓を刺激すると、便秘解消にも役立ちますよ!

3、歩数計で運動量をチェック

1日当たりどれくらい歩いているか把握していますか?太りやすいという方は、摂取カロリーに対し、日常的な運動量が少ないのかもしれません。歩数を把握するようになると、運動量を意識できるようになります。

記事に関するお問い合わせ