無料の会員登録をすると
お気に入りができます

赤ちゃんの睡眠時間ってどのくらい?安眠のためにできる4つのこと

子育て

赤ちゃんを産んでしばらくすると、その睡眠時間の長さに驚くママやパパも多いのではないでしょうか? この子いつまで寝るんだろう。これって普通!? この記事では、赤ちゃんの睡眠時間の目安と、安眠のためにできることをご説明します。

赤ちゃんの睡眠時間ってどのくらい?

生まれたての赤ちゃんは、レム睡眠(浅い)が長く、ちょっとした物音や光などでも目覚めてしまいます。もちろん、成長とともに睡眠の形や時間は変わるので、夜の時間帯に赤ちゃんがあまり寝てくれないと悩んでいる人も悲しく思う必要はありませんよ。

新生児の場合は3〜4時間ごとに目覚めて、トータルで16時間ほど眠ります。2ヶ月になると、多くの赤ちゃんが夜中から朝方の時間帯に深く眠ることができるようになり、4ヶ月以降は夜の時間帯に8〜10時間ほど眠れるようになると言われています。

赤ちゃんの安眠のためにできる4つのこと

1. 眠る環境を清潔に整える

赤ちゃんはホコリが苦手。できるだけホコリやゴミがたまらないようにしてあげることで、赤ちゃんの熟睡度が上がりますよ。赤ちゃんがベビーベッドにいない時間に、整えてあげるようにしましょう。

2. 赤ちゃんの寝る場所のスペースの確保

特別、広いスペースは必要ではありません。ベビーベッドやコンパクトベッドの広さでOK! ただし、寝具は大人とは別の専用の物を用意してくださいべ。大人が使う布団は、赤ちゃんにとって重すぎて睡眠中の事故につながることがあります。

3. 夜遅い時間に授乳をたっぷりと

授乳と睡眠の関係は深いとされています。夜の時間帯にたっぷりと授乳することで、安眠、熟睡につながりますよ。

4. 眠るまでのタイムスケジュールを決める

赤ちゃんが眠るまでのタイムスケジュールを決めておくのも効果的です。朝起きる時間、遊ぶ時間、お風呂の時間などを習慣化させると、赤ちゃんも自然に眠る時間になったことに気づき、眠る準備ができます。

睡眠時間は成長によって変わる!

赤ちゃんが眠ってくれないから自分も眠れない。そんな悩みを抱えているママやパパも多いですよね。しかし、赤ちゃんの睡眠時間は成長とともに変化します。新生児のときはその不規則性に驚かれるかもしれませんが、徐々に大人と同じようなサイクルになるので安心してください

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ