無料の会員登録をすると
お気に入りができます

『犬に好かれる人』に必ずある共通点5選

犬が好きなあなた!もっと犬に好かれたいと思いませんか?今回は犬に好かれる人に必ずある共通点を紹介していくので、犬を飼っているのに、なぜか自分にだけ懐いてくれないとお悩みの方も必見です。

ペット

犬に好かれる人に必ずある共通点とは?

犬に好かれるためには、犬にとって不快なことをしないのは大前提です。しかし、犬は人間と違う要素を多く持っているため、気付かぬうちに犬が嫌がることをしてしまうことも…。犬に好かれる人は、自然に犬が嫌がることをせず、喜んでもらえることをしているんです!

1.感情の起伏が激しくない

犬は基本的に落ち着いている人を好みます。そのため、起伏が激しい人に対しては、警戒心を抱きやすいです。

その点、犬に好かれる人を見てみると、基本的に一定の感情を保っていて、突然怒ったり大笑いしたりと、周囲をビックリさせるようなことをしない人が多いです。

犬に好かれたいと思っている人は、犬の前では感情の起伏を抑え、一定のテンションで接するようにすると警戒されずに触れ合うことができます。

2.犬に対する言動が穏やか

犬と接する時、「可愛いー!」と高い声を上げて走り寄っていく人がいますが、実はこの行動、犬から見ると恐怖でしかありません。

突然、見知らぬ自分よりも大きな人が、発狂しながらこちらに駈け寄ってくるのです。言葉が理解できない犬にとっては、このように映っているため、非常に怖い思いをしています。

犬に好かれる人は、このように突然の行動を起こしたり、大声を上げたりせず、犬に対する言動は常に穏やかです。仲良くなりたいと思う犬にゆっくり近づき、優しく声をかけてあげるなど、穏やかな接し方を心掛けてみましょう。

3.突然触らない

犬と接する際、いきなり頭を撫でる人は意外と多いです。しかし犬は基本的に頭を撫でられることは嫌いですし、それが知らない人であれば不安を感じストレスになります。

また犬は元々警戒心が強い動物なので、頭でなくても知らない人に突然触られることを嫌います。犬に安心してもらいリラックスした状態で触れ合いたいならば、まずは手の甲を差し出し犬に匂いを嗅いでもらってから、体の側面を優しく撫でてあげましょう。

犬が手の甲の匂いを嗅ぐことでその人の情報を得ることができ、「大丈夫な人」「自分のことを嫌っている人」などの判別をするからです。

4.適度な距離感を保つ

家族内にありがちですが、あまりにも愛犬を愛しすぎるあまり、家に居る間は常に隣にいたいと一緒にいる人がいます。しかし、そこまで愛情を注いでいるのに、「なぜか自分にだけ懐いていないように感じる」と思うことはありませんか。

たしかに、犬は家族と一緒に過ごす時間が大好きです。ですが、だからといって、常に一緒にいたいわけではありません。1匹でゆっくりと過ごす時間も必要です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ