無料の会員登録をすると
お気に入りができます

早起きでイイ女度UP♡ 1日5分で毎日が変わりだす“ステキな朝の過ごし方”7つ

「早起きは三文の徳」とはよく言いますが、どうしても夜型になってしまう、早起きは苦手という方も多いと思います。でも、1日5分だけ早起きするだけで嬉しい効果が得られるのなら、少しトライしてみたいと思いませんか?今回は1日を有意義にするオススメの朝活をご紹介します。

2017年6月
ライフスタイル

毎朝起きるのがとにかくツラい…

みなさん、朝は気持ちよく起きられていますか?一分一秒でも寝ていたくてギリギリの起床になると、朝にバタバタしてしまいがちで慌てて出かけるという方も多いはず。

また、仕事が残業続きだったり前日に飲み会があったりすると、翌朝起きるのがしんどいもの。早起きが心身に良いことばかりもたらすことは百も承知でも、習慣はなかなか変えられませんよね。

1日を気持ちよくスタートするための「朝のルーティン」は、実は何時間も時間を割く必要はありません。今回は、少しの努力でできそうな手軽な朝活をご紹介しましょう。

イイ女は知ってる♡ 早起きのメリット

1. 朝の光で体内時計をリセット

朝起きてから、窓を開けて太陽の光を浴びることはとても大切なこと。睡眠ホルモン「メラトニン」を生成したり、臓器の働きを促してくれる効果があると言われているので、スッキリ目覚めることができます。

朝の光を浴びて、新鮮な空気を体中に取り込むと、心と身体が心地よく感じるだけでなく、自律神経が活発化。普段見過ごしてしまいそうな部分に意識が向いて、曇りがちな五感も鋭くなりますよ。

2. お白湯で代謝アップ&デトックス

太陽の光で身体にONのスイッチを入れたら、今度はコンロの火で10分ほど沸騰させたお湯を200mlほどゆっくり飲みましょう。たったそれだけで、代謝アップやデトックス効果が感じられる魔法の飲み物なんです。

起きがけにお白湯を飲むと、寝ている間に失われた水分補給に加え、冷えた体内を温めてくれるので汗をかきやすい体質に変化。さらに、利尿作用やお通じが良くなるなど、女性にとってうれしい効果ばかり。

3. 顔のマッサージでむくみ解消

夜にむくみ取りのマッサージをしている方も多いと思いますが、実は朝も同じくらい大切。たった5分で顔をスッキリシャープに見せるだけでなく顔色もパッと明るくなるので、いつものスキンケアにプラスしましょう。

顔の前に、まず1分ほど首のストレッチをして水分の排出をスムーズにします。その次に、15秒程度両手を使って頭皮マッサージをしましょう。頭皮と顔の皮はつながっているので、この工程は欠かさず行ってください。

洗顔後、手のひらにローションや乳液などをつけて、顔を優しく包み込みます。顔の上半分を手で覆い、次に顔の下半分へ。上下とも30秒ずつ、手のひらでじっくり温めるようにするだけでOKです。

4. 朝食は楽しみながらしっかり食べる

朝食べたものはすべてエネルギーとして使われるので、たとえ糖質や脂質、タンパク質など多く取りすぎたとしても、太る原因にはなりにくいと言われています。なのでダイエット中の場合でもしっかり食べるのが正解。

朝食を抜くと代謝や胃腸が衰えやすくなって身体の中から老化が始まる危険性もアリ。「楽しく食べること」をモットーにすれば、副交感神経が高まり腸のぜんどう運動も活発になるので、良い一日をスタートできます。

5. のんびりストレッチでダイエット効果

朝起きてから布団の中で軽いストレッチをするだけで、自律神経の働きを正常にすることができると言われています。また、血行がよくなるので、冷え性改善や代謝アップにも効果大!

朝目覚めたら両腕を頭上に伸ばし、脚もまっすぐ伸ばして、手脚が引っ張り合られるようにしてストレッチ。この状態で深い呼吸を3回ほど繰り返します。この状態のまま、足首を左右に10回くるくる回しましょう。

時間に余裕がある時は、腰回りのストレッチもおすすめ。膝を立てて両腕は身体側に伸ばしておきます。膝をピッタリとくっつけたまま、左右に10回交互に倒していきます。腸も刺激できるので便秘解消につながります。

6. 感謝日記でポジティブ思考

一日を感謝することからスタートできたら、穏やかな気持ちで過ごせる気がしませんか?普段見落としがちな、身近な人からの支えにも改めて気付けるキッカケになるかもしれません。

いくつも書ける方はいいですが、寝起きは頭が働かないし毎日書いているとネタも尽きてしまうという場合は「一日3つ」と決めて書き出すのがおすすめ。どんな些細なことでもOK。思い出しながら頭を整理しましょう。

7. 部屋の片付けで心も身体もスッキリ

部屋の中が物で散らかっていたりホコリ等が溜まっていませんか?朝起きた時にこれらを目にすると、テンションがだだ下がりに。一から掃除する時間もないという時は、せめて見える場所だけでも整理整頓しましょう。

昨日着ていた服が脱ぎっぱなしになっていたら、たたんだりハンガーに掛けたりする。読みかけの本は本棚に戻す。バラバラのスキンケア用品をキレイに配置する。洗濯物は一箇所にまとめておくなど思いつくことは沢山。

本格的な掃除は休日にやるとして、せめて普段使う部屋は見た目だけでもキレイにしておけば、イライラも減るはず。不要なものを捨てたり片付けて部屋の状態を変えることは、脳にとって新しい刺激にもなります。

まずは一つだけでも試してみよう♡

今回ご紹介したもの以外にも朝できることはたくさんあります。いつもよりほんの少しだけアラームを早くかけて、明日から実践すれば、きっと有意義な一日になるはず!ぜひ、朝活として取り入れてみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ