無料の会員登録をすると
お気に入りができます

書くだけで悩みが消える!?「自分との対話」でストレスフリーになる秘訣♡

友達や家族に相談するのも良いけれど、結局愚痴になって何にも解決には至らないもの。そんな時は、紙に悩んでいることややってみたいこと、嬉しかったこと悲しかったことなど、ありのままを書き出してみませんか?「自己対話」で新たな自分を発見しちゃいましょう!

2017年6月
ライフスタイル

いつも一緒にいる「自分」と対話してる?

人は何か嫌な出来事があると、周りにひたすら愚痴を言ったり、無理やり別のことをして気を紛らわせたりしがち。それで気持ちがスッキリする場合は結構ですが、モヤモヤを抱えながら毎日過ごしている人も多いのでは?

「自分と向き合ってゆっくり過ごしてみたいけど、なかなかそんな時間ないし…」と後回しにして目の前のことをこなすことで精一杯という方は、そのモヤモヤが凝り固まって自分の感情に気づきにくくなっている場合も。

「私こんなに頑張ってるのに、なんでうまくいかないんだろう?」と悩んで負のループに陥っている方も、自己対話で固まった心を解きほぐしませんか?今回は、自分らしさを取り戻せる自己対話の方法をご紹介します。

時間は“あなたのため”にある

口を開けば「あれもこれもやらなきゃ!あ〜忙しい!」と言っていませんか?自分のことで忙しいのならいいのですが、誰かのために頑張りすぎていることも。もちろん、誰かの役に立てることは素晴らしいことです。

しかし、明らかに頑張りすぎている毎日の中で、イライラしたり余裕がないと感じているのならば、1日5分だけ自分の心のために時間を使ってみることから始めてみましょう。言わば、“心に余白を作る”イメージです。

心の対話に必要なのは、紙とペンだけ

自分と向き合うと思うと少し重い感じがしますが、やり方は至って簡単。紙とペンを用意して、ひたすら自分の心を書いていくだけ。紙はノートでもチラシの裏でも、書けるものなら何でもOK。

書き方も特に決まりはないので、自由に思いつくままに書いてみましょう。誰に見せるものでもないので、自分のためにのびのびと書くことが大切なポイントです。音に敏感な方は、集中するために耳栓するのもオススメ。

自分の感じることを吐き出す

とは言っても、自分の感情を紙に書くという行為は、やはり慣れていないと少々ハードルが高いもの。そんな場合は、何かテーマを一つに絞って書くのがオススメです。

また、今日起こった出来事の中で腑に落ちなかったことや、つい子供や夫に対して感情的に怒ってしまったことなど、心の中のモヤモヤを余すことなく書き殴ってみましょう。

書いたものに対して問いかけてみる

出てきた事柄について「なぜ自分がこう思ったのか」と問いかけるような感覚で書くのがポイント。例えば、なぜあの時自分がイライラしたのか、なぜモヤモヤしたのかなどひたすら掘り深めていくのです。

記事に関するお問い合わせ