無料の会員登録をすると
お気に入りができます

梅雨どきの嫌なニオイを撃退♡「部屋干し」のコツあれこれ

洗濯物を普通に部屋干ししても梅雨の時期はなかなか乾かないので、困っている方は多いはず。洗濯物を少しでも早く乾かしてあの嫌なニオイがつかない方法があれば、知りたいとは思いませんか?今回は、梅雨の時期に洗濯物を部屋干しで早く乾かすコツをご紹介します。

2017年6月
インテリア

臭わない部屋干しってあるの?

ジメジメとする梅雨の悩みで多いのが「洗濯物が乾かない」とか「洗濯物の生乾きのニオイ」というもの。洗濯物が干しづらく、乾きにくいといった何かと不便な梅雨の時期は、気分も萎えてしまいますよね。

せっかく洗濯機で洗った衣服が、洗う前より臭ってしまうなんて悲しい話。でも、部屋干しの嫌なニオイはちょっとしたコツさえ抑えれば軽減させることができるんです!

そもそも部屋干しのニオイの原因は?

部屋干しのニオイの原因は、洗濯では落としきれなかった皮脂や汗などの汚れが化学変化を起こして、その汚れをエサに雑菌が繁殖するために起こると言われています。

しかも、部屋干しは外干しに比べて風通しも悪く、衣服が乾くのにどうしても時間がかかるだけでなく、日光による紫外線殺菌の効果もほぼ得られないのだとか。

どんな洗剤を使えば効果的?

最近では、部屋干し用の洗剤もたくさん市販されているので、選択する時はこれらを使うのがおすすめ。ちなみに通常の洗剤との違いは「殺菌力」と言われていて、雑菌の繁殖を防ぐ働きが優れています。

部屋干し用の洗剤を使ってもまだ何となくニオイが気になる場合は、抗菌や除菌作用に優れた漂白剤を一緒に入れて洗濯してみましょう。この時、塩素系漂白剤は使用しないように注意しましょう。

塩素系漂白剤ですと、衣服を傷めてしまう恐れがあり、白物以外に使用すると色落ちの原因となってしまう場合も。漂白剤を使う時は、「酸素系漂白剤」を使用するようにしてください。

部屋干し臭を防ぐ洗濯時の小技

部屋干しのニオイは干している時に付くのではなく、洗濯をする時から始まっていることがおわかりいただけたところで、ここからは洗濯時の大切なポイントについてご紹介しましょう。

洗濯物は通気性のいいカゴに入れる

汚れた洗濯物はついつい直接洗濯機に入れてしまいがちですが、これでは洗濯物に付いた菌が洗濯槽で繁殖してしまう可能性大!少々面倒でも、洗濯物は通気性のあるカゴなどに入れるようにしましょう。

記事に関するお問い合わせ