無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おしゃれで快適なだけじゃない♡ もっと「夫婦円満」になれる部屋づくりのコツ♡

「部屋が整っていると夫婦も円満になる」とよく聞きますが、実際のところどうですか?最近ケンカばかりで、お互いがイライラしているなら要注意!今回は、2人でくつろげて、ポジティブな気持ちになれる場を作るための、ちょっとしたインテリアの工夫をご紹介したいと思います。

2017年6月
インテリア

最近何だか言い争いが多くなってきた…

新婚当時はラブラブだったのに、最近事あるごとに夫と衝突してしまう…。そんな悩みを抱えている夫婦って実は少なくないはず。ただ仲良く円満に暮らしたいだけなのに、喧嘩が多いのは辛いもの。

2人の中でいろいろとルールを決めることも大切ですが、インテリアを変えるだけで夫婦間のコミュニケーションをするきっかけにも。今回は、夫婦が仲良くなるおすすめのインテリア&間取りをご紹介します。

忙しい毎日だからこそスキンシップを♡

自然体で触れ合うのが理想

最近では当たり前のようになった、夫婦が共働きというライフスタイル。それに加え、家事や育児もこなさねばならないので、日々カリカリしてしまっている方も多いはず。

そんな忙しい毎日だからこそ、お互いにリラックスする時間をきちんともって、スキンシップすることが大切です。だからといって、いきなりハグしたりキスしたりしないといけないわけではありません。

自然とお互いに触れ合って気持ちを和ませることからスタートしてみましょう。スキンシップをとることで、愛情ホルモン「オキシトシン」が分泌されると言われていて、情緒を安定させる効果もあるのだとか。

仲直りのルールは事前に決めておく

喧嘩をしてしまっても長引かせないために、予めルールを決めておくと良いでしょう。例えば一晩経ったらお互いに謝るとか、仲直りのしるしに外食するなど。きちんと紙に書いていつでも取り出せるようにしておくのがベスト。

夫婦仲が良くなる♡ インテリアのポイント

日常の些細なコミュニケーションの中にも、夫婦関係を円滑にするキッカケはたくさんあります。2人が一緒にいる空間に少しのアレンジを加えることで、ナチュラルに距離を縮められる雰囲気を創り出すことができます。

1. ソファを置いて横並びで座る

ダイニングテーブルは対面で座りますが、別にソファを置いて横並びで座れるようにすると、スキンシップもグッととりやすくなります。または、ラグを敷いて2人でゴロンと横になれるスタイルもオススメ。

また、ラグ同様、和室も横になりやすいので、普段使っていない場合はぜひ活用を。冬はこたつを置いて、ほっこりくつろぐスペースを作れば、夫婦の会話も増えてさらに仲良しになれるはず。

記事に関するお問い合わせ