無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おしゃれで快適なだけじゃない♡ もっと「夫婦円満」になれる部屋づくりのコツ♡

「部屋が整っていると夫婦も円満になる」とよく聞きますが、実際のところどうですか?最近ケンカばかりで、お互いがイライラしているなら要注意!今回は、2人でくつろげて、ポジティブな気持ちになれる場を作るための、ちょっとしたインテリアの工夫をご紹介したいと思います。

2017年6月
インテリア

最近何だか言い争いが多くなってきた…

新婚当時はラブラブだったのに、最近事あるごとに夫と衝突してしまう…。そんな悩みを抱えている夫婦って実は少なくないはず。ただ仲良く円満に暮らしたいだけなのに、喧嘩が多いのは辛いもの。

2人の中でいろいろとルールを決めることも大切ですが、インテリアを変えるだけで夫婦間のコミュニケーションをするきっかけにも。今回は、夫婦が仲良くなるおすすめのインテリア&間取りをご紹介します。

忙しい毎日だからこそスキンシップを♡

自然体で触れ合うのが理想

最近では当たり前のようになった、夫婦が共働きというライフスタイル。それに加え、家事や育児もこなさねばならないので、日々カリカリしてしまっている方も多いはず。

そんな忙しい毎日だからこそ、お互いにリラックスする時間をきちんともって、スキンシップすることが大切です。だからといって、いきなりハグしたりキスしたりしないといけないわけではありません。

自然とお互いに触れ合って気持ちを和ませることからスタートしてみましょう。スキンシップをとることで、愛情ホルモン「オキシトシン」が分泌されると言われていて、情緒を安定させる効果もあるのだとか。

仲直りのルールは事前に決めておく

喧嘩をしてしまっても長引かせないために、予めルールを決めておくと良いでしょう。例えば一晩経ったらお互いに謝るとか、仲直りのしるしに外食するなど。きちんと紙に書いていつでも取り出せるようにしておくのがベスト。

夫婦仲が良くなる♡ インテリアのポイント

日常の些細なコミュニケーションの中にも、夫婦関係を円滑にするキッカケはたくさんあります。2人が一緒にいる空間に少しのアレンジを加えることで、ナチュラルに距離を縮められる雰囲気を創り出すことができます。

1. ソファを置いて横並びで座る

ダイニングテーブルは対面で座りますが、別にソファを置いて横並びで座れるようにすると、スキンシップもグッととりやすくなります。または、ラグを敷いて2人でゴロンと横になれるスタイルもオススメ。

また、ラグ同様、和室も横になりやすいので、普段使っていない場合はぜひ活用を。冬はこたつを置いて、ほっこりくつろぐスペースを作れば、夫婦の会話も増えてさらに仲良しになれるはず。

2. 照明を使い分ける

リラックスしたい時は、少し暗めの照明だと落ち着きますよね。メインの照明とは別に間接照明か、難しい場合はキャンドルの火を灯してみるのもいいでしょう。

特に、子どもがいる場合はどうしても夫婦の時間がとりにくなるので、子どもが寝た後に照明を変えていつもと違う雰囲気にしてみると、会話を生むキッカケにもなりますよ。

3. お好みの香りで空間を演出

また、照明と同じくらい大切なのが「香り」。夫婦でお好みのリラックスできる香りをチョイスしても楽しいかもしれません。玄関やリビング、寝室など、部屋ごとに違う香りを漂わせて空間を演出してみるのもオススメ。

4. 週末は一緒に料理を

共通の趣味がある方はいいですが、特にない場合は、週に1回程度一緒に料理をしてみてはいかがですか?お互いが協力して作っていく過程の中で、会話がふくらみコミュニケーションも豊かになります。

5. 寝室にテレビは置かない

寝室は、夫婦が最もくつろげる大切な場所。それなのに、夜遅くまで妻はスマホでメッセージを送るのに忙しく、夫は夫でテレビにかじりつく。そんな2人が、いざロマンチックな気分を演出するなんて無理な話。

電化製品を置いているとどうしても気が散って、夜の生活どころではありません。「夜◯時以降は電化製品を使わない」と決めるか、寝室は完全に電化製品の電源をオフにする場所と決めてしまうのもアリ。

6. 寝室を別にする時はルールを作る

夫婦円満であるためには、寝室が必ず同室でないといけないというわけではありません。例えば、エアコンの温度でも夫婦間で適温が違ったり、どちらかのいびきや歯ぎしりで眠れなかったりすることもありますよね。

ただ、冷えきった夫婦が寝室を別にしてしまうと、その後ずっと関係を回復できないケースも。別室にしている場合は、週に一度、最低でも月に一度は「夫婦で一緒に寝る時間をつくる」ことが大切です。

例えば、平日の生活する時間帯がズレている場合、平日は別々で週末は一緒の部屋で寝る、あるいは平日はパーテーションで仕切り、週末はパーテーションを外して一緒に寝るなど、柔軟にアレンジするのがオススメ。

7. 晩酌でおうちデート気分

お酒が好きな夫婦であれば、付き合っている時代にお家でお酒を一緒に飲む機会も多かったのでは?最近はお互いが忙しすぎてデートする機会もめっきり減ったという方は、手軽に楽しめる晩酌もいいですね。

2人で好きなお酒を味見しあってみたり、一緒におつまみを作ってみたりすれば、恋人同士だった頃の気持ちが思い出されるはず。さらに、映画や音楽などでロマンチックなムードを演出すれば一層ラブラブな雰囲気に。

8. たまには一緒にお風呂を楽しむ

寝室と同じくお風呂の時間も夫婦仲改善に大いに役立ちます。リラックスできるお風呂だとリビングよりも深い会話ができますし、照明やミスト、ジェット噴流などの仕掛けを加えるとさらに効果的。

ヒーリングライトやキャンドルをつけたり、2人が好きな音楽を流すのもオススメです。ただし、テレビをつけるのはNG。また、毎日入ると新鮮味が減るので、月何回かのスペシャルな感じで取り入れましょう。

9. 部屋の模様替えする

部屋の雰囲気を変えると、実は夫婦仲の気分も変わります。新築やリフォーム、増改築など大掛かりなことをしなくても、簡単な模様替えやカーテンの色を変えるだけでもOK。

特にカーテンは、部屋の雰囲気を手軽に変えられますし、そこまで費用もかかりません。変える時は、勝手に1人でやらないで夫婦一緒にやってみること。共通の話題があれば、会話も増えますよ。

夫婦が仲良く暮らせる家づくり♡

夫婦仲を深めるには“場所と時間”が必要。お互いの気遣いや思いやりはもちろんのこと、家の中を居心地よく整えることで夫婦円満はキープできるので、ぜひ一つからでも実践してその効果を実感してみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ