無料の会員登録をすると
お気に入りができます

なるべく触らず解決したい♡ キッチン排水口のヌルヌルは、これでスッキリ!

キッチンの掃除の中で最も嫌がられる場所といえば「排水口」ではないでしょうか。嫌な臭いはするし、触ればヌルヌルしているし、しかも掃除がしにくい。そんな誰もが嫌がる排水口の掃除を、簡単に“なるべく触らずに”キレイに掃除する方法をご紹介したいと思います。

インテリア

触りたくないヌルヌル汚れにため息…

キッチンは、食器や食品に直接触れるものが多い場所。汚れがたまる前に、普段から掃除をして清潔に保っておきたいですよね。ヌメリがつきやすい排水口は、パーツも多くて掃除しにくいので敬遠しがち。

stocksnap.io

特に、排水口掃除の洗剤やグッズは色々ありすぎて、どれを選べばよいか迷っている方も多いはず。今回は、なるべく手間をかけずに簡単にキレイになる排水口の掃除方法についてまとめてみました。

どうして排水口は汚くなるの?

排水口の汚れの元になっているものは、油汚れ・水垢・雑菌と大きく3つに分類されます。中でも雑菌は黒いヌルヌルの原因であり、料理を行うすぐ近くに雑菌の温床があるというのは、衛生的にもよくありません。

排水口掃除のポイントは、汚れを落ちやすくすること、そして雑菌の繁殖を防ぐことです。では早速、さっそく手間とお金をなるべくかけない掃除法をご紹介しましょう。

これなら毎日できる♡ 簡単・排水口掃除法

1. 『重曹+お酢』

水回り掃除の定番といえば、重曹とお酢を組み合わせたお掃除法。安くて身体にも安全な万能アイテムです。重曹を排水口にたっぷりと振りかけ、お酢を“重曹の半分程度”まんべんなくかかるように回し入れましょう。

泡立ち始めたら、5〜30分ほど放置します。ここで発生するガスは人体に影響がない炭酸ガスなので、万が一吸い込んでも人体には問題ありません。最後に蛇口から出るお湯で流すだけでOK。

お酢を入れる際、少し温めるとさらに汚れが落ちやすくなるので効果的です。ただ、入れる量を多めにしてしまうと、効果が薄くなるので注意。

2. 『アルミホイル』

アルミホイルは、水につけると化学反応を起こして金属イオンを放出します。これが雑菌に対して効果を発揮します。用意するものは、アルミホイル・割り箸・セロハンテープの3つだけ。

割り箸の半分くらいを覆うように、アルミホイルを巻きつけていきます。巻きつけたアルミホイルが抜けないように、セロハンテープでしっかり固定します。輪ゴムで縛ると、さらに効果的です。

記事に関するお問い合わせ