無料の会員登録をすると
お気に入りができます

想いと絆を確かめ合う。結婚式で実践したい「ユニティセレモニー」10選

恋愛・結婚

ウェディングケーキのデコレーションを2人の手で完成させるのもおすすめ。簡単なデコパーツを1~2個載せるくらいがちょうどいいですよ。

ケーキを結婚証明書代わりに

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

ウェディングケーキ入刀の代わりに、チョコペンで署名をするというもの。斬新な演出に、ゲストの人たちも盛り上がること間違いありません♡

4.リングリレー

共に手を取り絆を結ぶ

dvulikaia / Getty Images

挙式の時、バージンロード側に座るゲストにリボンを持ってもらい、リボンに結婚指輪を通して、前に立つ新郎新婦に指輪を届けてもらうもの。ゲストが一体になり、アットホームな結婚式をすることができます。

5.キーロックセレモニー

Maria Avvakumova / Getty Images

新郎新婦が手を合わせて、南京錠をロックするセレモニー。日本でも、恋人の聖地と言われるところには必ず南京錠でたくさんのロックがかけられていますよね。海外でもそれは同じなんです。

6.ジャンプ・ザ・ブルームセレモニー

Hill Street Studios / Getty Images

2人で同時にほうきをジャンプしてまたぐセレモニーです。ほうきには、「幸せを邪魔するものを追い払う」「これから二人が歩む道をきれいにしてくれる」との意味が込められており、幸せが訪れるといわれています。

7.ワインを使ったセレモニー

サングリアセレモニー

thodonal / Getty Images

「愛」にまつわる逸話の多いワインは、結婚式のセレモニーにぴったり。互いのワインを合わせるというのはもちろん、フルーツを入れて即席サングリアを作ることも人気です。

ワインとともに思い出も封じ込めるセレモニー

karandaev / Getty Images
記事に関するお問い合わせ