無料の会員登録をすると
お気に入りができます

どうしてもヤセない! ダイエットのために「生活習慣を見直す」13の方法

夏が近づいてきました。「頑張っているのにどうしてもやせない…」と焦ってはいませんか?もしかしたら、無意識で行なっている日々の生活習慣に原因があるのかも。今回は、ダイエットのために美人が実践している、13の生活習慣をご紹介します。

2017年6月
美容

どうしてもヤセない…なんで?

生活習慣を見直してみよう

いよいよ夏も本番。焦りも出てくる時期でしょうか?結果がなかなか出ない方は、「頑張っているのに…」とダイエットを諦めたくなってしまいますよね。もしかしたら、毎日の積み重ねである「生活習慣」が原因かも?

毎日行うことだからこそ差がつきやすいのが生活習慣。いつの間にか損しないためにも、欲求に委ねた行動をとるのではなく、正しい知識に伴った行動が必要です。習慣化してしまえばこちらのものです!

「何もしていない」のに綺麗な人の習慣

ヤセて綺麗な人に「美の秘訣は?」と尋ねたときに、「特に何もしていません」という返答を聞いたことはありませんか?彼女たちは謙遜でもウソでもなく、ヤセ習慣を「本当に何もしていないと感じるくらい当たり前にしている」のです。

今回は、そんな世の美人たちが無意識に行なっている生活習慣を13項目ピックアップしました。「食事」「運動」「日常生活」の3つのカテゴリーに分けて、ご紹介していきます。ぜひ今日から実践してみてくださいね♡

食事編5選

毎日口にするものだからこそ、気をつけたい食事。「あなたの身体は、あなたが口にしたもので作られている」という意識をもちましょう。

www.pexels.com

1.空腹になるまで食べ物を口にしない

時間がきたからと、なんとなく食事をとっていませんか?それでは内臓器官が休まることなく働いている状態。食後数時間は一切食べない習慣をつけましょう。空腹を感じて始めて、身体は脂肪燃焼を始めます。

本当にお腹がすいたときこそ、食事の喜びもひとしおです。空腹時の方が吸収率も高いため、ジャンクな既製品ではなく、なるべく自然の食材を選び、素材の味を堪能しながらしっかり栄養をGETしましょう。

2.高タンパク質・中脂質・低炭水化物

タンパク質は、肌や髪を作るもとです。「体重×1g」を目処に、1日で摂取してみてください。脂質は摂りすぎると太ると思われがちですが、ハリのある肌や細胞に必須な栄養。ちなみに脂質は糖質と一緒にとるとエネルギーが余りやすく、脂肪になりやすいので注意です。

www.pexels.com

炭水化物はエネルギー源として重要ですが、毎食握りこぶし1つ分くらいの量で充分です。夜は身体を休めるだけなので、なるべく炭水化物の摂取は控えましょう。

記事に関するお問い合わせ