無料の会員登録をすると
お気に入りができます

どんなものでも綺麗に包める♡簡単可愛いセルフラッピング術6選

手作りグッズやお裾分けのお菓子など、ちょっとしたギフトは自分でラッピングしてみませんか?そこで今回は、簡単なのにおしゃれに見えるラッピング術について詳しくご紹介します。

2017年6月
DIY

ギフトをもっと素敵に見せたい♡

自分でラッピングできたら、誰かにプレゼントするのがもっと楽しくなりそうですよね。綺麗に仕上げるのは一見難しそうですが、動画を見ながら作れば意外と簡単なんです!早速チェックしてみましょう。

①まずは基本の包み方をマスター!

www.etsy.com

まず最初に、基本テクである「斜め包み」をマスターしておきましょう。これさえ覚えておけば、どんな箱でも上手に包むことができますよ。

斜め包みを上手に仕上げるためのポイントは、包装紙のサイズです。大きすぎても小さすぎても綺麗に包めないので、きちんと測ってからカットしておいてくださいね。

「上手にリボン結びができない...」という方には、マスキングテープがおすすめです。写真のように斜めに並べたり、交差するように貼るだけで雰囲気のあるラッピングに。光沢感のあるテープだと、華やかさもUPしますよ。

②箱も手作りが可愛い♡

包装紙で包むのが難しい丸いものや柔らかいものでも、手作りの箱に詰めれば綺麗にラッピングできます。動画ではA4サイズの厚紙を使っていますが、どの大きさでもOKですよ。

0:20~2:15では分かりやすいように鉛筆で線を引きながら作っていますが、ギフト用の場合は線が見えない方が良いですよね。2:25~3:10のように、金属製の定規などでなぞってから折りましょう。

可愛い柄の紙で作った箱はそのままでもプレゼントらしくなりますが、シンプルなものは斜め包みにしておきましょう。リボンの代わりに麻ひもを掛けると、ナチュラルな雰囲気が素敵です。

③紙コップがギフトボックスに変身!

achic-thing.blogspot.jp

もっと細々したものやお菓子などを入れるときは、紙コップを使ったギフトボックスがお役立ち!シンプルな白い紙コップでも、ハトメを付ければグッと高見えします。

紙コップに縦に切り込みを入れてからふち部分をカットして、ハトメを付ければできあがりです。ハトメとハトメを取り付けるためのツールは、ホームセンターだけでなく100均にもありますよ。

ハトメがなくても、切れ目を入れた部分を中心で留めるだけでプチギフトボックスに変身!蓋になる部分はマスキングテープで留めてみてくださいね。マスキングテープが映えて可愛いラッピングに仕上がりますよ。

④気軽に渡せる紙袋♡

親しい人へのプチギフトは、きちんとしたラッピングよりも紙袋のようにカジュアルな方が渡しやすいですよね。プレゼントだけでなく、借りたものを返すときにも便利ですよ。

こちらのやり方では、包装紙ではなく封筒を使います。封をしてから端をカットし、残りの3辺を動画のように折りましょう。シンプル過ぎるかなと思ったら、スタンプやシールなどでアレンジしてみてくださいね。

⑤柔らかい服を上手に包むコツ

洋服のラッピングと言えば箱か袋に入れる方法が一般的ですが、包装紙だけで綺麗に包む方法もあるんです。仕上がりサイズは小さめなので、バッグに忍ばせてサプライズ!なんてこともできますよ。

服を綺麗に畳むための台紙と、広げた状態の洋服がスッポリ収まるサイズの包装紙を用意してくださいね。動画の通りに包装紙を折れば完成です。

もっとキュートに仕上げたいときは、洋服を丸めてから包装紙で包み、キャンディー型になるように両端をリボンで結んでみましょう。包装紙はハリのあるものよりも、シワ加工が施されているものがおすすめです。

⑥ミニミニギフトは三角形に入れて♡

お土産やお菓子をお裾分けするときは、小さくラッピングする方が気軽に渡せますよね。三角形のラッピングなら、さり気ないのにお洒落に見えますよ。

こちらのやり方は、正方形にカットした画用紙1枚と糊または両面テープだけで作れます。リボンやシールなどで可愛く仕上げておきましょう。

もっと小さなギフトは、こんな風にラッピングしてみてはいかが?4つの三角が同じサイズになるようにきちんと測っておけば、意外と簡単にできあがります。

ギフトにワクワク感を加えて♡

プレゼントを受け取った瞬間はいつも、何が入ってるのかな?とワクワクしますよね。そのワクワク感をもっと盛り上げるために、ぜひラッピングにもひと工夫加えてみてください♡

記事に関するお問い合わせ