無料の会員登録をすると
お気に入りができます

どんなものでも綺麗に包める♡簡単可愛いセルフラッピング術6選

手作りグッズやお裾分けのお菓子など、ちょっとしたギフトは自分でラッピングしてみませんか?そこで今回は、簡単なのにおしゃれに見えるラッピング術について詳しくご紹介します。

2017年6月
DIY

ギフトをもっと素敵に見せたい♡

自分でラッピングできたら、誰かにプレゼントするのがもっと楽しくなりそうですよね。綺麗に仕上げるのは一見難しそうですが、動画を見ながら作れば意外と簡単なんです!早速チェックしてみましょう。

①まずは基本の包み方をマスター!

まず最初に、基本テクである「斜め包み」をマスターしておきましょう。これさえ覚えておけば、どんな箱でも上手に包むことができますよ。

斜め包みを上手に仕上げるためのポイントは、包装紙のサイズです。大きすぎても小さすぎても綺麗に包めないので、きちんと測ってからカットしておいてくださいね。

「上手にリボン結びができない...」という方には、マスキングテープがおすすめです。写真のように斜めに並べたり、交差するように貼るだけで雰囲気のあるラッピングに。光沢感のあるテープだと、華やかさもUPしますよ。

②箱も手作りが可愛い♡

包装紙で包むのが難しい丸いものや柔らかいものでも、手作りの箱に詰めれば綺麗にラッピングできます。動画ではA4サイズの厚紙を使っていますが、どの大きさでもOKですよ。

0:20~2:15では分かりやすいように鉛筆で線を引きながら作っていますが、ギフト用の場合は線が見えない方が良いですよね。2:25~3:10のように、金属製の定規などでなぞってから折りましょう。

可愛い柄の紙で作った箱はそのままでもプレゼントらしくなりますが、シンプルなものは斜め包みにしておきましょう。リボンの代わりに麻ひもを掛けると、ナチュラルな雰囲気が素敵です。

③紙コップがギフトボックスに変身!

もっと細々したものやお菓子などを入れるときは、紙コップを使ったギフトボックスがお役立ち!シンプルな白い紙コップでも、ハトメを付ければグッと高見えします。

記事に関するお問い合わせ