無料の会員登録をすると
お気に入りができます

常に完璧でいられない!ズボラでもスッキリ暮らしたいわが家の"逃げ収納"3選

インテリア

68平米のマンションに家族4人暮らし。6歳(息子)と4歳(娘)のママ。サンキュ!STYLEライターのシンプリストうたです。

すっきり暮らすためのコツは沢山ありますが、そのなかでもとくに大事にしていることは、「完璧を目指さないこと」です。

やるときはやる!
でも、全てに力を入れるのではなく、「手を抜ける部分はとことん手を抜く」というのがわが家のスタンスです。

がんばりすぎないちょっとした仕組みづくりのおかげで、以前より片づいている状態を保てるようになりました。
そこで今回は、常に完璧でいられないわが家の”逃げ収納”について3つご紹介します。

1.どうせ使う○○○はBOXに一時置き

このボックスは何だか分かりますか?
じつは、洗濯機に付属していた洗濯ホースを収納する強力マグネットつきのボックスです。

わが家は洗濯ホースを使うことがないのですが、代わりに別用途として使っています。

着替えの一時置きはもちろん、毎日畳むのが面倒なあれを収納するのに役立っています。

それは、「タオルの一時置き場」でした。

夕方に畳んでから、お風呂に入ってまた使うのであれば、最初から畳まずに待機させていたほうが時短にもなります。

この仕組みづくりのおかげで、1日約20枚程使うタオルを畳む労力と時間をカットすることができました。

2.一時置きの衣類は畳まずポイポイ収納

玄関から入ってすぐの場所に、大きめのボックスを設けました。
ここには、夫の通勤着のアウターや洗濯するまでもない衣類の一時置き場にしています。

置き場を設置しても、脱ぎ散らかすことはありますが、さっと入れるだけなので特に時間のない時はこの逃げ収納のおかげで、家を出る前のお部屋の状態が明らかに変化しました。

3.押し入れ上段は一時避難場所

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ