無料の会員登録をすると
お気に入りができます

共働き夫婦のお小遣い事情!どうやって決めてるの?

節約・マネー

結婚してからお小遣いが減った、と感じている方は多いかもしれません。収入源が2つある共働き夫婦が、お小遣いとして自由に使えるお金は、一般的にどれくらいなのでしょうか?自分のお小遣い額は適正なのでしょうか?

この記事では、妻側のお小遣いとその使い道、共働き夫婦のお小遣い額を決める際に注意したいことなどを紹介していきます。

共働き妻のお小遣いと使い道

夫婦がともに働いている場合、妻はどれくらいの金額なのでしょうか?また、お小遣いとして自由に使えるお金を、みなさんどのように使っているのでしょうか?

共働き妻のお小遣いってどれくらい?

共働きの妻のお小遣い額は、1万円~3万円に集中しているとか。なかには5万円以上の人もいるようですが、共働きであっても独身時代と同じような金額をお小遣いしている人は少数派です。節約に努めている人が多いのでしょう。

自分のお小遣いをどんなことに使ってる?

共働き妻のお小遣いの使い道で多いのは、「服・靴・バック・アクセサリー」といった服飾品や「化粧品・美容院」。どれも働く女性に必要なアイテムですよね。趣味や交際費よりも、必要なものにお小遣いを使っている女性が多いようです。

夫婦のお小遣い額はどうやって決める?

各家庭でのお小遣いの額はいったいどのように決めているのでしょうか?自分のお小遣いが、家計に見合った額なのかどうかも気になりますね。

夫婦同額か、割合か

お小遣いの額の決め方にはいろいろありますが、収入額にこだわらずにどちらも同じ額とする「同額制」や、お互いの収入に応じた割合から算出する「割合制」が多いよう。家庭にはそれぞれの事情があり、一概にどの方法がよいとは言えませんが、お小遣いの金額が適正かどうかを考えることは重要です。

お小遣いの適正額を把握するには

では、それぞれの家庭でのお小遣いの適正金額はどのように決めるのがよいでしょうか?

共働きであれば、まず2人の収入合計額から、住宅費用や保険など「必要なお金」を引いたあと、残ったお金を「生活費」「貯金額」「お小遣い」などに振り分けていく必要があります。

マイホームが欲しい、子どもの教育費用が必要など、今後貯金を増やしていきたい場合には特に振り分け方法をきちんと話し合い、お互いのお小遣いの目安を決めていくことが大切です。

夫婦それぞれが納得できるお小遣い額に

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ