無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「二の腕」から「ハミ肉」まで!今から始める気になる部分痩せストレッチ4選

そろそろ夏も近づいてきて、デコルテや体のラインだけでなく、いざ水着を着た時に露出する背中やお腹周りが気になってきた女性は多いのではないでしょうか。夏までの時間を有意義に使う、部分痩せストレッチで気になる部分を引き締めちゃいましょう!

2017年6月
美容

そろそろ集中仕上げをしたい時期

水着の準備はできていますか?

まだまだ時間があると思っていても、日々あわただしく過ごしているうちに、バカンスの時期はすぐやってくるものです。ドレスや水着を着る準備をそろそろ始めてもいい時期ですね。

そこではじめたいのが、ちょっとした隙間時間にスローペースで行う、部分痩せストレッチ。激しいワークアウトとは違って、少ない時間に痩せたい部分に的をしぼり、ゆっくり行うストレッチです。

Pin it
ピンもと: omei.co
391

筋肉痛にもなりにくく、シンプルなので毎日続けやすいからこそ、効果も出やすいのが特徴。1つの部位に負担をかけないよう、最低でも間に1日あけながら、プログラムを組んで行ってみてくださいね!

1.胸の下:クランチ

女性が一番気にしている場所といえばお腹周りですよね。中でも特に落としにくくセルライトにもなりやすいのが、バストの下部分にあたる場所です。

この場所を鍛えてお肉を少しずつそぎ落とすなら、上半身を半分だけ起こす腹筋「クランチ」がおすすめ。お腹前面の「腹直筋」を鍛えるのに適しているストレッチです。

①仰向けに寝転がり、膝は曲げておく。
②手は頭の下で組むか添えるかし、息を吐きながら上半身を丸めるようにあげていく(背中の半分位まで)。
③息を吸いながら、元の姿勢に戻る。

以上を、10~15回無理のない範囲で行ってください。頭をあげるというよりは、視線をおへそに向けて上半身を丸めるイメージで行うと上手にできますよ。

“グイ寄せブラ”の力も借りて

PEACH JOHN はみ肉グイ寄せレーシィTシャツブラ

¥ 2,950

幅広のサイドベルトが、背中や脇肉をぐいっと寄せこみます。アウターに響きにくいシームレス仕様で段差がでないのも魅力です♡

商品詳細
PEACH JOHN はみ肉グイ寄せレーシィTシャツブラ
www.peachjohn.co.jp
商品詳細

ストレッチができない日中は、胸の下や脇のお肉をがっちりバストに移動してくれる、グイ寄せブラが効果的。ラインをひろうTシャツも、きれいに着こなすことができます。

2.二の腕:フロアーディップス

腕を上げた時プルンと垂れ下がる二の腕も、今のうちに引き締めておきたい部分の1つではないでしょうか。

Pin it
ピンもと: fitsugar.com
1

二の腕に効くのは、「フロアーディップス」。Floor=床、Dip=下がる、いわゆる、床に向かって手を屈伸させ浮き沈みする形のストレッチです。小胸筋を鍛え、バストの垂れ防止にもつながります。

①腕を伸ばし手の先を足に向け、上向きに四つん這いになる。
②ひじを曲げながら、体をゆっくり落としていく。
③息を吐きながら、元の姿勢に戻る。

以上を、1分間ゆっくり自分のペースで行ってください。体を落としたり上げたりする際、反動を使わず揺れないように気をつけて行うと効果がアップします。

セルフマッサージも効果的

バスタイムやお風呂上りなど、体が温まっているうちに行うセルフマッサージもおすすめです。反対の手を使って脇に向けてつまんだりしぼったりしたあと、最後にさすり上げて終了!

3.背中:肩甲骨ストレッチ

自分では確認しづらいからこそ、つい不安になってしまう背中は、ワンピースや水着をきれいに着こなしたいなら、チェックしておきたい部分です。

Pin it
ピンもと: health.com
4

きれいな背中を保ちたいなら、正しい姿勢をキープするのはもちろんですが、肩甲骨周りの贅肉を取り、筋肉が凝り固まらないように意識したストレッチを行うのがベストです。

①足を肩幅に開いて自然に立つ(座って行ってもOK)。
②両手を横に伸ばし、肘を曲げながらぐっと後ろに寄せる。
③元の姿勢に戻る。

以上を10回程度を目安に行います。肩や首のこりにもよく効きますよ♡

4.太もも:腸腰筋ストレッチ

立った時にすきまのできる、すらっとまっすぐ伸びた足は女性の永遠の憧れです。これからの季節に意識したいのは、中々落ちにくい太もも部分という方が多いようです。

そこで効果を発揮するのが、腸腰筋ストレッチ。腸腰筋とは、腰深い部分にある筋肉の総称です。ここをほぐし伸ばすことで代謝がよくなり、すっきりとした下半身を作っていくことができます。

①片方の膝をつき、もう片方の膝は曲げて前に立てておく。
②立てた膝の上に手を置き、お尻を押し出すようにゆっくり前に移動させる。
③お尻を後方に移動しながら、その足をまっすぐのばす。
④逆も同様に行う。

①~③を4~5秒かけて行います。これを1セットとし、5~10回行ってみてください。足の付け根が伸びていることを意識するのがコツです。

360度どこから見ても、ぬかりなし♡

人それぞれ、体形も気になる部分も違います。絞りたい部分にフォーカスをあてて、時間を上手に使いながら根気よく続けて、理想のBODYを手に入れてくださいね!

記事に関するお問い合わせ