無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ムシムシする「夏の生乾き臭」を解決!カラッと乾かす洗濯術♡

湿度が高くなる梅雨や汗をたくさんかく夏は、きちんとお洗濯してもイヤな臭いが発生してしまうことも…。臭いが気になるこの時期こそ、いつも爽やかな香りのする衣類で過ごしたいですよね。大人女子として心得ておきたい洗濯方法をご紹介します。

2017年7月
ライフスタイル

お洗濯後のイヤ〜な匂い

湿度が高くなる梅雨の時期や、汗をたくさんかく夏。きちんと洗濯しても洗濯物がなかなか乾かなかったり、生乾きのイヤな匂いがして困ってしまいますよね。

生乾きなどのイヤな匂いを発生させずに、カラッと乾かすのは難しいものですよね。そこで、夏の間を快適に過ごすための洗濯テクニックをご紹介していきます。

洗濯機のお掃除

Media?size=l
instagram.com

カビが発生しやすい梅雨時期は、洗濯槽のお掃除もマメに行わなければなりません。洗濯槽が汚れていては、臭いの元になる雑菌や汚れが衣服に付着してしまい、イヤな臭いを発生させる原因となってしまいます。

Media?size=l
instagram.com

生乾き臭を発生させないためには、まずしっかりと洗濯機の掃除を行うところから始めましょう。洗濯槽は酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)や洗濯槽クリーナーを使ってカビや汚れを落とし、取り外せる部分はそれぞれパーツ毎に手洗いを行います。

掃除の後はなるべく水分をふき取るのがポイントです。洗濯機を乾燥させるようにしましょう。

酸素系漂白剤でニオイ対策

生乾き臭や汗の臭いの原因は、洗濯物の繊維奥に残った雑菌や汚れが残っているため。この時期のお洗濯は、繊維の奥まできちんと除菌・洗濯することでイヤな臭いの発生を防ぐようにするのがポイントです。

酸素系漂白剤は、繊維の奥に入り込んだ匂いの原因をきちんと除菌・洗濯することができるため、梅雨から夏場のお洗濯におすすめです。

臭いの気になる洗濯物は、あらかじめ酸素系漂白剤を溶かしたぬるま湯につけ置きしてから洗濯機で洗うようにするといいですよ。汗をたくさん吸い込んだ洋服なども、なるべくつけ置きできるといいですね。

Pin it
ピンもと: joliplace.com
1
2125

洗濯物の素材によっては酸素系漂白剤が使用できないものもあるので、事前に洋服の洗濯表示は確認しておきましょう。また、洗濯機や漂白剤の製品に記載されている使用上の注意を必ず確認してから行ってくださいね。

カラッと乾かす乾燥テクニック

①扇風機と除湿機をフル活用

湿度の高い日は、カラッと洗濯物を乾かすのも一苦労。扇風機や除湿機は、梅雨時期の部屋干しの強い味方となってくれる必須アイテムですので上手に活用しましょう。

Media?size=l
instagram.com

除湿には除湿機を活用するのが理想的ですが、ない場合でも大丈夫!洗濯物の下側から、扇風機の風を当てればOKです。乾燥までの時間が短縮されるので、イヤな匂いを発生させることなく乾かせます。

Media?size=l
instagram.com

また、一気に沢山の洗濯物を干すよりも、少しずつ少量の洗濯物を干す方が乾燥しやすくなります。梅雨から夏までは、手間がかかりますがマメな洗濯を心がけましょう。

②新聞紙で湿気を吸収

Pin it
ピンもと: bashooka.com
5

扇風機や除湿機の代わりに、新聞紙も使えますよ。洗濯物の下に丸めた新聞紙を置いておくだけで、新聞紙が湿気を吸収してくれるので試してみてくださいね。

③洗濯機の「乾燥コース」を利用

湿度が特に高い日には、洗濯機の乾燥コースを利用するのもおすすめです。短時間乾燥コースを利用するだけで、乾燥するまでの時間をグッと短縮することができます。

ただし、乾燥機能だけで乾燥させようと思うと時間もかかる上に電気代も気になります。また、服にくっきりとシワが残ってしまう恐れもあるので、アイロンがけの手間を増やすことにもなってしまうので要注意です。

ポイントは10〜15分程度乾燥機能を利用し、すぐに干すこと。短時間だけ乾燥機能を利用してすぐに室内干しすれば、電気代や洋服のシワ、また生乾きを防いで気持ちよく乾かすことができますよ。

④コインランドリーの乾燥機も便利

洗濯機の乾燥機能のほかに、コインランドリーの乾燥機を利用するのもおすすめです。自宅で洗濯した後、コインランドリーの乾燥機に洗濯物を入れて乾かすのもひとつの方法です。

お洗濯上手で夏もいい気持ち♡

Media?size=l
instagram.com

上手にお洗濯できた洋服からは、ほんのりと石けんのいい香りがします。ムシムシ暑い日も、カラッと乾いた洋服に包まれて気持ちよく過ごしてくださいね♡

記事に関するお問い合わせ