無料の会員登録をすると
お気に入りができます

カーディガンを傷めずに洗濯する方法!洗剤選びと干し方がポイント

ライフスタイル

ハウスクリーニングや家事代行、不用品回収、引越しなど、暮らしにまつわることならなんでもおまかせ!

この記事では、「こまった」を抱える人と、それを解決するプロをつなぐオンラインサービス「くらしのマーケット」さんに、いますぐ役立つ暮らしのテクニックを紹介してもらいます。

季節の変わり目やエアコン対策に大活躍のカーディガン。正しい洗濯でお気に入りを愛用しよう!

季節の変わり目や、オフィスでのエアコン対策にカーディガンを羽織る人は多いのではないでしょうか?カーディガンは様々な素材が使用されているため、洗濯の際は取り扱いが難しい印象があります。お気に入りのカーディガンを長く着るためにも、正しい洗濯方法を知っておきましょう。

洗う前に洗濯表示をチェックしよう

衣料品には洗濯表示のタグが付いています。カーディガンであれば、内側のお腹の左あたりにタグを確認することができます。

衣類の中でもカーディガンの素材は、デリケートなウールからアクリル・綿などいくつかの素材が使用されていることがあります。

洗濯可能な洗い桶のマークがあれば自宅での手洗い、または洗濯機での洗濯が可能です。洗い桶に×マークが付いている場合は、自宅での洗濯は不可ですので、クリーニング店へ出しましょう。

以下は、よく見られる洗濯表示の例です。

「新しい洗濯表示」(消費者庁)新しい洗濯表示 をもとにして作成

カーディガンを洗濯する方法

カーディガンの洗濯は、素材によって手洗いか洗濯機を使った洗濯をすることになります。どちらの方法でも、型崩れしやすいカーディガンを上手に洗濯するためには、洗剤選びと干し方が重要です。

洗濯洗剤は、おしゃれ着用の洗濯洗剤を選びましょう。また、洗濯後のカーディガンをハンガーで干すと、濡れた重みで形が崩れてしまうので、平干しネットを使って干しましょう。

エマール 洗濯洗剤 液体 おしゃれ着用 アロマティックブーケの香り 本体 500ml

Athvcht 物干し ネット 平干しネット 型崩れ防止 ニット セーター干しネット 3段 折りたたみ コンパクト (高級版)

手洗いの場合

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ