無料の会員登録をすると
お気に入りができます

嫉妬はチャンス♡大人女子がヤキモチをかわいく伝える方法

嫉妬してしまったとき、ついつい感情のままに彼に思いをぶつけていませんか?それでは彼の心が離れてしまうだけ。嫉妬したときこそ胸キュンさせるような、かわいい伝え方があるんです。

2017年6月
恋愛・結婚

嫉妬しちゃった…

それって胸キュンさせるチャンスかも

恋愛ではもやもやする嫉妬の感情を抱えてしまうことがありますよね。それを感情のままに彼に伝えてしまうと、うんざりされたり「面倒くさい」と思われてしまうかも。

嫉妬はしてもかまいません。大切なのは伝え方。彼に嫌がられるのではなく、逆に胸キュンさせるような言い方があるんです。そこで大人の女性の余裕を見せながらも、かわいく嫉妬を伝える方法をご紹介します。

ヤキモチを伝える前に…

嫉妬する自分を受け入れる

「どうして嫉妬しちゃうんだろう」「私って心が狭いのかな」と自分自身を責めないで。好きだからこそ「私以外の人を好きになったら嫌」「でも、私より魅力的な女性はたくさんいるし…」と不安になるのは当たり前です。

恋愛において、嫉妬の感情が生まれるのは当然。そんな気持ちを抱いた自分を責めなくて良いのです。嫉妬する自分を認めて受け入れた方が、思いもきちんと伝わります。

“たまに”嫉妬する

どんな行動にも嫉妬されて、毎日のようにヤキモチを焼かれると、さすがに男性も疲れてしまいます。そのうちあなたにうんざりしてしまうかも。

嫉妬はたま~にするくらいがちょうどいい。つい嫉妬してしまう人は、伝える頻度は控えめにした方が良いかもしれません。

感情が落ち着いてから“思い”を伝える

嫉妬した瞬間は、怒っていたり、悲しんでいたり、感情が敏感になっています。その感情のままに伝えると、ケンカになったりどんよりしたり、嫌なムードしか待っていません。

そこで、怒りや悲しみの感情は少し落ち着かせてみましょう。すると、嫉妬した思いだけが胸に残ります。その思いだけを伝えるのです。ただし、男性は時間を置いてしまうと覚えていないことも多々あります。

そのため怒りや悲しみの感情はなるべく早く落ち着かせたいところ。深呼吸をしたり、嫉妬するのは仕方ないと自分に言い聞かせてみましょう。なるべくその場で、すぐに彼に気持ちを伝えた方が理解してもらえます。

記事に関するお問い合わせ