無料の会員登録をすると
お気に入りができます

産後うつ病は決して「甘え」じゃない。パパや周囲の人のサポートが大切[専門家に聞く]

子育て

「赤ちゃんが生まれて幸せなはずなのに、私、どうして気持ちが沈んでいるの…」「母親になったのに、イライラしたりモヤモヤするのは甘えなの?」と落ち込むことはありませんか?
産後、気持ちが不安定になることは多く、中には産後うつ病になるママも。産後の心の不調はだれにでも起こりうる身近なこと。決して「甘え」ではありません。ママ自身はもちろん、パパにも知ってほしい産後うつ病についての正しい情報を、妊産婦のメンタルヘルスに詳しい精神科医の安田貴昭先生に聞きました。

【医師監修】「マタニティブルーズ」「産後うつ」の原因と予防法

専門家からのメッセージ。「産後うつ病は決して甘えではありません」

SNSへの書き込みを発端に「産後うつ病は甘えなのか」という議論がネット上で活発になっているのを知っていますか?「産後うつ病は甘えではない」と断言する安田先生から産後のママたちへのメッセージがあります。

「お母さんになったみなさん。数カ月にわたっておなかの小さな命を守り続け、命がけの出産を乗り越え、身も心も疲れきったなかで、今はまた幼い赤ちゃんと向き合っているところでしょうか。
このような妊娠や出産、そしてその後に続く多忙な育児は、女性の心と体に大きな変化とストレスをもたらします。そして『産後うつ病』をはじめとしたさまざまな心身の不調を引き起こします。これらは、出産した人ならだれにでも起こりうることです。

心が弱いから産後うつ病になるのではありません。心が弱い人も、心が強い人も、どんな人でも産後うつ病になります。甘えがあるから産後うつ病になるのでもありません。むしろ、甘えることなくたった一人で頑張るような状況が心と体の健康を害します。

うつ病は医学的な病気であり、治療やケアが必要です。いろいろな仕事はいったんだれかに任せ、余裕をもって治療に向き合えることがとても大切で、そのためにはパートナーやご家族の協力も必要です。そうして、あせらずゆっくりと心と体を休めることです。産後うつ病の人に最も必要なのは『誰かに甘えること』とも言えるでしょう。

わからないことは精神科医に相談してください。あるいは、お世話になった産婦人科の先生や助産師さんに一声かけてみてください。どんなに苦しくても、産後うつ病は必ず回復させることができます」(安田先生)

そもそも「産後うつ病」って? 産後ならだれでもなりうる身近な病気です

初めての育児は、赤ちゃんをいとおしいと思いつつ、お世話の方法や成長の様子などに不安を感じることも。

とくに、コロナ禍の今、「立ち合い出産希望だったのに、かなわなかった」「里帰り出産の予定をとりやめた」など、予定通りにいかないことも多く、「こんなはずじゃなかった」とモヤモヤしているママもいるのではないでしょうか?

この時期のママは、妊娠・出産で、身体的・心理的・社会的に大きく変化するため、心がバランスを崩して産後うつ病になる場合があります。産後うつ病は、産後ならだれでもなりうる身近な病気。基本的な症状は「うつ病」と同じです。

ママ自身やパパなどが以下の内容をチェックしてみて

1.憂うつで悲しく、むなしい気持ちになる
2.今まで楽しかった趣味・仕事などが楽しめない
3.体がだるい、やる気が起きない
4.自分はだめ、価値がない、罪深いと感じる
5.眠れない、または眠りすぎる
6.食欲がない、または食べすぎる
7.イライラする
8.集中できない、判断できない
9.死にたいと思うことがある

産後うつ病かどうかは、まず一般的な上記のうつ病の基準で判断します。1と2に当てはまり、さらにそのほかの項目が3つ以上当てはまる状態がほぼ毎日・ほぼ1日中続き、育児の悩みも大きい場合は産後うつ病の可能性があります。

また、うつ症状があると、ママ自身が客観的に判断するのが難しいことが。パパなどの家族から見て以下の症状がある場合は、早めに専門機関に相談することが大切です。

□表情が乏しい
□話し方に元気がない
□涙もろい
□判断力がにぶい
□おふろに入らないなど清潔を保とうとしなくなる
□今まで好きだったものに興味を示さない

産後うつ病の原因って? さまざまなことが要因となり、はっきりしていません

産後うつ病を含め、精神疾患の原因ははっきりしていません。病気のなりやすさなど個人的な要因に、いろいろなストレス要因が組み合わさって病気が引き起こされると考えられています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ