無料の会員登録をすると
お気に入りができます

わずか5分で効果大♡“首&肩こり”に効くゆったりストレッチ

肩や首のコリに悩まされているのなら、簡単なストレッチを取り入れるのがおすすめです。ここでは5分程度でできるものをご紹介していきます。やるとやらないとでは疲れ具合が変わってきます!ぜひ取り入れてみてください。

2017年6月
美容

首や肩が、だる重~い!

ずっしり重い、肩や首のコリに悩まされていませんか?動きが鈍くなる、血流が悪化するなどさまざまな悪影響が考えられます。放置しておくと、どんどん疲れやすい身体になっていってしまいます。

コリの原因は、血流が悪化し筋肉が縮こまり固まってしまったこと。長時間同じ姿勢でいると起こりやすくなります。

ストレッチが有効です!

改善するには、身体を伸ばし筋肉をほぐしていく必要があります!コリがほぐれ血行が改善されれば、冷えやむくみ、便秘の解消にも繋がります。

ここからは、5分程度で出来る簡単なストレッチをご紹介していきます。マッサージ屋さんに月に一度通うよりも、日々身体をほぐしておくことの方がずっと大事です。覚えておくと便利ですよ。

首&肩こりに効くゆるストレッチ

5つのメソッドをそれぞれ1分程度ずつ行っていきます。朝や晩に取り入れてみてください。座ったまま出来るので、デスクワーク中にもさっと行えます。リフレッシュしたいときにもおすすめです。

首のストレッチ

首と肩の骨や筋肉は、互いに影響しあっています。首の柔軟性を高めることで肩こりもスッと楽になります。手を使って首を左右上下に動かしていきましょう。

楽な姿勢で座り、右手を頭の上にまわして左の耳上に添えます。ぐーっと優しい力で首を右に倒しましょう。どちらかの肩が上がらないように注意して!数秒キープしたらゆっくり正面に戻します。反対側も同様に。

両手の平を胸の前で合わせ、中指の指先を顎の下に入れて顎を持ち上げていきます。斜め上を見ながらキープ。今度は両手を組み、頭の上にのせて首を下げます。手の重みだけで力は加えません。これで完了です。

肩のストレッチ(左右)

首がほぐれたら、今度は肩の可動域を広げていきます。肩は本来、ぐるぐるとぶん回し運動ができますが、普段の生活ではあまり使われていません。固まっていることが多いので、じっくりとほぐしていきましょう。

右手を左真横に差し出します。左手で十字をつくるように外から支え手前に引き寄せていきます。余裕があれば腰も少しひねっていきましょう。左右同様に行います。

肩のストレッチ(上下)

今度は腕を上げて、肩の外転・内転の運動をしていきます。コリが強い方は、痛みを感じることもあるので無理のない範囲で行ってください。

右肘を曲げて、前から真上に持ち上げます。前腕を後ろに垂らすように。左手も上げ、右肘の外側を支え左に引き寄せましょう。背筋をしっかり伸ばして行うのがポイント。反対側も行えば完了です。

肩甲骨寄せストレッチ

首や肩が重い人の中には、肩甲骨が固まってしまっているケースが多数。胸を張ってぐーっと寄せていきましょう。猫背改善にも効果があるメソッドです。

腕をお尻の後ろで組みます。胸を張りながら、手をお尻から浮かせ身体から離していきましょう。余裕があれば、顎も少し上げてみて。そのまましばらくキープ。2~3回行います。

背中で合掌

最後は、背中で合掌をして終わりにします。首も肩もだいぶほぐれているので、やりやすくなっているはず。肘より上の位置に手がくれば合格です!最初は手の平が付かなくてもOK。まずは指先同士でタッチしましょう。

姿勢を正してから始めます。両手を同時に後ろに回し、手の平を合わせます。このまま30~1分程呼吸を続けましょう。肩は上げずに出来るだけリラックスしてみて。これで5分間のストレッチは終了です。

快適な身体で毎日ハッピーに♡

凝り固まった筋肉のままでは、毎日エネルギッシュに過ごせません!日々、簡単なストレッチを取り入れてしっかりボディメンテナンスをしてあげましょう。まずは寝る前5分から始めてみては?

記事に関するお問い合わせ