無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ほうれい線がなくなる!誰でもマイナス5歳になる「顔ヨガ」基本の10ポーズ-前編-

頰のたるみやほうれい線、むくみ、二重あご……。鏡で自分の顔をよく見ると、いろんなことが気になってきますよね。毎日最低2分「顔ヨガ」を続ければ、誰でも整形級の可愛さを手に入れられます♡

2017年7月
美容

顔ヨガでなりたい顔になれる!

筋肉を動かして生き生きとした表情に

重いまぶたや二重あごなど、自分の顔がなかなか好きになれない人もいるかもしれません。それに加えて、年齢とともに頰のたるみや深く刻まれるシワも気になってきます。普段のスキンケアではなかなか改善できない顔の悩みを解消してくれるのが「顔ヨガ」です。

顔の老化の大きな原因は、顔の筋肉を動かしていないからだと考えられます。「顔ヨガ」は普段動かさない顔の筋肉に働きかけるエクササイズ。1ポーズ10秒キープを繰り返すことで、劇的に顔が変わるんです!

顔ヨガで得られる効果

 今回、顔ヨガを教えていただくのはヨガインストラクターの森初世さん。「私自身も第2子出産後、肌がかさかさになり、授乳でバストの形が崩れていくのを感じていました。そこで、かねてから興味があった顔ヨガを取り入れたところ、肌につやが戻り、バストも元どおりに。周りからも『痩せたね!』『化粧品何使ってるの?』と言われるようになったんです」と話します。そんな森さんは現在38歳。たるみのない生き生きとした笑顔が印象的で、実年齢よりも若々しく見えます。

森さんによると、顔ヨガを続けると次のような効果が得られます。

①顔のむくみが取れてすっきり小顔になる。
②まぶたがすっきりして目が大きくなる。
③口角や頰がキュッと上がる。
④よけいなシワやほうれい線が消える。
⑤二重あごがなくなり、フェイスラインがすっきりする。
⑥首のシワがなくなる。
⑦バストアップする。

「顔ヨガのすごいところは1回で効果が得られるところ。目が小さくて気になっている人は、すぐに今よりも目がぱっちりしますよ。顔の筋肉は小さい分、効果が出るのも早いんです。毎日続けることでみるみる顔が変わるので、鏡を見るのが楽しくなります」。顔つきが変わることでコンプレックスが解消され、人見知りがなくなったり、表情が豊かになったりするのも顔ヨガのメリットです。
「男性も顔ヨガをすると雰囲気がガラリと変わります。二重あごがなくなって滑舌がよくなり、笑顔が自然になることで、営業成績がアップした方もいるんですよ。第一印象がよくなるんです。ほかにも、表情筋を動かすことで脳に刺激がいき、情緒が安定します。ヨガと同じように、落ち込んでいてもマインドコントロールができるようになるんです」。
 いいことづくめの顔ヨガ。今回は毎日やりたい基本の10ポーズとプラスαを教えていただきました。

まずは顔の筋肉を知ろう!

1前頭筋(ぜんとうきん)……眉のあたりから頭皮に伸びているおでこの筋肉。眉を上に上げたり、目を見開いたりする働きがある。衰えるとおでこがたるんだり、頭皮が硬くなる。
2皺眉筋(しゅうびきん)……眉のあたりにある筋肉。目が疲れるとコリやすいのでほぐすと良い。
3鼻根筋(びこんきん)……眉間と鼻の付け根を繋ぐ筋肉。
4眼輪筋(がんりんきん)……目の周りの筋肉で、まぶたの開閉に使われる。衰えるとまぶたがたるみ、老け顔に。
5上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)……上まぶたを上に引き上げる筋肉。
6下眼瞼筋(かがんけんきん)……下まぶたにある筋肉。たるむと老け顔になる。
7上唇鼻翼挙筋(じょうしんびよくきょきん)……鼻のわきの筋肉で上唇を引き上げる。
8上唇挙筋(じょうしんきょきん)……上唇を引き上げる筋肉で、凝ったり衰えるとほうれい線の原因に。
9口角挙筋(こうかくきょきん)……口角を引き上げる筋肉。ほうれい線や口元のたるみに関わる。
10小頬骨筋(しょうきょうこつきん)……口角のあたりからこめかみに伸びる筋肉。口角を斜め上に引き上げる。
11大頬骨筋(だいきょうこつきん)……口角のあたりからこめかみに繋がる筋肉。口角を頰に引き上げる。
12頬筋(きょうきん)……口角を動かす筋肉で、衰えると口角が下がる。
13笑筋(しょうきん)……口角を横方向に引っ張る筋肉。笑うときに使われる。
14口輪筋(こうりんきん)……口の周りの筋肉。
15口角下制筋(こうかくかせいきん)……口角を下げる筋肉。
16オトガイ筋(おとがいきん)……下唇の下からあごに向かって伸びる筋肉。衰えると二重あごになる。
17広頚筋(こうけいきん)……広く首を覆う筋肉。衰えると二重あごになり首もたるむ。
18胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)……耳の下から両鎖骨の中央に伸びている筋肉。衰えると首がたるむ。

「顔ヨガ」はいつでもやっていい!

 顔ヨガは継続することが大切です。時間やプログラムをあえて決めずに、空いた時間に行うことが最大のポイントです。
「より効果を上げたい!」という人に、あえておすすめの時間帯をあげるとしたら、朝の「鏡を見るタイミング」をおすすめしています。なぜなら、鏡を見ながら行うことで、より正確にポーズを取ることができるからです。朝をおすすめしている理由は他にもいくつかあります。朝のメイク前に行えば、目の下のたるみやくま、むくみ、くすみなど、顔に現れる前日の疲れが一掃され、お化粧ののりがよくなります。また、夜の寝ている時間はそれぞれの寝相により歪みが生じます。そこで、朝に顔ヨガを行えば、歪みを定着させずにリセットすることができるんですよ。また、朝は体だけでなく、顔の筋肉もこわばっている状態です。そのまま誰とも話さずに人に会うと、なかなか上手く笑顔になれないものなんですよ。

「顔ヨガ」基本の10ポーズ

1. 顔のむくみを取って小顔に

顔全体の筋肉を使ってむくみをとったり、使っていなかった顔の筋肉を動かして、表情グセを改善し、顔のこりをほぐします。また、呼吸をたっぷり吐くのでストレス発散にもなるポーズです。
それぞれのポーズの最初に行って顔を温めると効果が上がります。

①最初に息を吸い、「シューッ」と息を吐きながら顔に力を入れてくちゃくちゃにする。顔のパーツを中央に集めるイメージ。

記事に関するお問い合わせ