無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ローソン、話題の新商品「台湾茶」 時間とともに変化する味に驚いた

『ローソン』のマチカフェシリーズから2種類の台湾茶が登場。冷めてもおいしい味わいに驚き。

グルメ

6日、大手コンビニ『ローソン』の「マチカフェシリーズ」より、2種の台湾茶「白桃凍頂烏龍茶」と「白葡萄ジャスミン茶」が新登場した。

ローソン

■キャッチコピーまで魅力的

「香りに恋する」という魅力的なキャッチコピーで、マチカフェファンの心をくすぐる同商品。公式ホームページによると、「台湾茶とフレッシュ感あるフルーツフレーバーとのマリアージュ」が楽しめるとのこと。

さらに、ティーパックにお湯を注いでから3分でフルーツの香りが広がり、5分で優しい茶葉の味わい、10分で本格茶葉の味わいへと、香り・味も変化するようだ。

関連記事:インド人が初めて烏龍茶を飲んだ結果→なぜか激ウマ『ウーロンカレー』が完成

インド人が初めて烏龍茶を飲んだ結果→なぜか激ウマ『ウーロンカレー』が完成

■カップのデザインがかわいい

マチカフェシリーズのファンである記者は早速ローソンに行き、「白桃凍頂烏龍茶」と「白葡萄ジャスミン茶」(どちらも税込200円)を一つずつ購入した。

カップはコーヒーを購入したときとはまた違ったデザイン。それぞれの商品をイメージしたかわいらしいイラストが描かれている。

そして、フタには「フタを開けると、ちょっとうれしい香り体験!」と書かれたシールが。その言葉のとおり、パカッと蓋を開けてみると台湾茶とフルーツの芳しい香りが広がる。

■フルリーフ茶葉を使用

(左:白桃凍頂烏龍茶/右:白葡萄ジャスミン茶)

こちらの台湾茶は「ティーポットで淹れたようなお茶」を目指し、フルリーフ茶葉を使用。時間が経っても強い渋みを感じることがないため、ティーパックを最後まで入れたままゆっくり味わうことができるそうだ。

忙しい仕事中でも、うっかり茶葉を取り忘れてお茶が苦くなっていた…なんてことにはならないのが嬉しいところ。

関連記事:ローソン、賛否分かれるLチキ「ハニーメープル味」を発売してしまう

ローソン、賛否分かれるLチキ「ハニーメープル味」を発売してしまう
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ