無料の会員登録をすると
お気に入りができます

天気が悪いと体調も悪くなるのは本当!低気圧と体調不良の関係とは?

ライフスタイル

天気が悪い日に、頭痛やめまい、むくみ、気分が落ち込むなどの症状に悩む女性は多いはず。「気のせいかな?」と流していた人もいるかもしれませんが、実はそれ低気圧のせいかもしれませんよ。女性の6〜7割が悩んでいるとされている、「気象病」「天気痛」について解説します。

低気圧になると体調が悪くなる理由とは?

天気が悪いと元気が出ない。体がだるい。そんなことを感じている女性は多いのではないでしょうか。最近ではそれらの症状を「気象病」「天気痛」と呼び、どんな人でもかかるものとされています。

気象病や天気痛は、天気や気温の急激な変化によって自律神経が乱されることが原因で起こります。体温調整や呼吸など生命に欠かせない機能を司る自律神経は、どんなときも体の働きを一定に保とうと努力しますが、天気や気温の変化が著しいと、自律神経が乱れて体の機能を上手にコントロールできなくなってしまうんです。

気象病・天気痛の症状と対処方法

・頭痛

天気が悪かったり低気圧が近づいていたりすると、頭が痛いという人は多いですよね。これは、気圧のせいで血管の拡張することが原因になっていると言われています。対策としては、体を温めすぎないようにしましょう。入浴は控えシャワーにしたり、アイス枕などで頭を冷やしたりするのも効果的です。

・だるさ、気分の落ち込み

だるさや気分の落ち込みは、自律神経のうちのひとつ、副交感神経(寝ているときの神経)が活発になることで起きます。この場合は、朝の時間を有効に使い、交感神経(起きているときの神経)を活発にさせるようにしましょう。

・めまい

天気の変化で起こるめまいは、「気圧センサー」と呼ばれる耳の中の内耳が関係していると言われています。車酔いになる仕組みと似ているので、気圧が低くなると事前にわかる場合は、酔い止め薬を飲んで防ぐことができます。

・むくみ

台風や暴風などの時季に、むくみがひどくなるという人は多いですよね。気圧のせいで体内の血液の巡りが悪くなると、手足のむくみにつながります。そんなときは、長い時間同じ体勢を取らず、マッサージやストレッチ、ランニングなどの運動を取り入れると また、水分を取るときはガブガブ飲みずぎないようにしましょう。

・便秘

自律神経の乱れは、女性に悩む人が多い便秘を引き起こすこともあります。このときは腸の動きを活性化させてみましょう。まず朝起きたら、コップ一杯分の水を飲み、腸を刺激するヨガのポーズをしてみる。血の巡りを意識し、体は冷やさないようにしてくださいね。

低気圧で体調不良! 自分でできる対策と予防

天気のせいで具合が悪くなっている気がする。そんな人は、テレビでもアプリでもいいので、天気予報のチェックを欠かさずにしましょう。天気予報士さんの「大気の状態が不安定」という言葉には要注意ですよ!

あとは規則正しい生活やストレスを溜めないように心がけること、ランニングやヨガなど、適度な運動を取り入れることも症状の改善につながります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ