無料の会員登録をすると
お気に入りができます

小学校の跡地からラグジュアリーホテルへ。[京都]〈ザ・ホテル青龍 京都清水〉で見逃せないポイントは?

京都の観光名所である「清水寺」と並び、昭和8年から地域のシンボルでもあった元清水小学校。2020年3月、その建物を保存・活用する形でラグジュアリーホテル〈ザ・ホテル青龍 京都清水〉が誕生しました。校舎の面影を感じる建築デザインやアート作品から、非日常を味わえる贅沢ステイの様子をご紹介します。

旅行・おでかけ

注目される理由は“バーテンダー”にもある。京都を代表するバーテンダー・西田稔氏がプロデュースに参画し、西田氏監修のバー〈K36 The Bar〉では15年ぶりにカウンターに立った。
「ホテルでバーをやってみたかった」と語る背景には、これまで複数のバー立ち上げを経験してきた西田氏の想いがある。「せっかくおいしいお酒を飲んだ後でも、タクシーに乗って帰らないといけない。“最後の一軒”がホテルの中だったら、時間や帰り道を気にせず楽しめるはずと長年考えていた」。常連客への愛が溢れる発想は、この地で叶った。

このバーのために考案したオリジナルジントニック「K36 ジン」は看板となる一杯。

3種類のジンをブレンド

カクテルやウイスキーはもちろん、地元食材を生かした食事メニューも豊富。
〈K36( ケーサーティーシックス)〉/4階
■075-541-3636
■15:00〜24:00(L.O. 23:30)
※〈K36 Rooftop〉10%サービス料
※〈K36 The Bar〉10%のサービス料に加え、Rooftop/The Barともに17時以降はテーブルチャージ1,000円

充実した宿泊者専用スポット

アメリカン・ブレックファストのメインで選んだ「ガレット」

新型コロナウイルス対策の一環で、ブッフェは小分けで用意されており安心して楽しむことができる。

レストランやバーの他にも、宿泊者専用で利用できる施設が充実している。
かつて講堂として使われいた天井高を生かされた〈restaurant library the hotel seiryu〉では、京都食材で作られたアメリカン・ブレックファストや和朝食を楽しむことができる。

1階にあるホテルゲスト専用のラウンジでは軽食やドリンク、京都ならではのお抹茶点てなど体験型コンテンツも用意されている。
その他、「清水」「山鳩」「桜」をテーマカラーとした3つの個室プライベートバスやフィットネスジムなどがあり、ステイ中は心身のメンテナンスも叶う。

〈ザ・ホテル青龍 京都清水〉

■京都府京都市東山区清水二丁目-204-2
■075-532-1111
■スタンダードキング 1泊1室2名69,286円〜(税サ込・朝食付き)
■全48室

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ