無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もう無駄な買い物はしない。「自分スタイル」を確立する6つの方法

クローゼットに洋服が溢れているのに「今日着るものがない...」と思ったり、何を着てもイマイチ垢抜けないなと感じることはありませんか?自分らしいスタイルを確立すれば無駄な買い物を防げるだけでなく、いつでも最高の自分でいられるんです。

2017年6月
ファッション

いくら服を買っても満足できない!

洋服は山ほどあるのに今日着たいものが見つからないと悩む女性もいれば、少ないアイテムで洗練されたコーデを作れる女性もいますよね。その違いは、自分スタイルを知っているかどうかなんです。

もちろんファッションには流行があるので、何年も服を買わずに同じものを着続けるのは難しいでしょう。しかし「自分らしさとは何か」を知っておけば、たくさん買い込まなくてもお洒落を楽しむことができるんです。

ここではその「自分スタイル」を決めるために知っておきたいことをご紹介します。お買い物やクローゼットを整理する際に、ぜひ参考にしてみてくださいね。

①まずはカラーパレット作りから

差し色まで細かく決めるのが◎

コーデを決める上で最も大切なのは、やはり色ですよね。まずはクローゼットをチェックして、メインとなる2色を決めてみましょう。黒や白、ベージュなど、合わせやすいベーシックカラーがベストです。

次に差し色を決めます。ピンクや紫など、多少鮮やかな色でもOKですよ。ただし数が多すぎるとコーディネートが難しいアイテムが増えてしまうので、2~3色程度に絞ることがポイントです。

さらにお気に入りのアクセサリーやバッグを見て、ゴールドやシルバーなどアクセントとなる色を決めます。メインカラーだけに絞ると飽きてしまいそうですが、こうして差し色も入れればコーデの幅が広がりますよ。

②自分が好きなコーデを収集♡

憧れるのはどんなファッション?

自分らしいスタイルを決めるには、まず自分が好きなテイストを知っておくことが必要です。雑誌を切り取ったりネットで集めるなどして、素敵だなと思うコーデをできるだけたくさん集めてみてください。

コーデを真似するわけではないので、予算や体型を意識する必要はありません。まずは自分好みで着てみたいなと思えるスタイルを探すことが、自分らしさを見つけるきっかけになります。

③コーデのキーワードを決める

当てはまるアイテムなら長く着られる!

何となく好みの服装が見えてきたら、自分のコーデのキーワードとなる言葉を決めておきます。フェミニンやクール、ナチュラル、モードなど何でもOKですが、3つぐらい選ぶと良いでしょう。

新しい服を買うときには手持ちのアイテムに合うかどうかだけでなく、これらの言葉にもマッチするか考えてみてください。当てはまるものなら、きっと長く愛用できますよ。

④クローゼットを断捨離!

アイテムを絞ることも必要

忙しい朝でも時間をかけずに完璧なコーデを作るには、クローゼットをすっきりさせておくことが必要です。カラーパレットにない色やキーワードに合わないアイテムは、キープしておくべきかもう一度考えてみましょう。

さらに、着心地の良さも断捨離する上での基準になります。仕事用のジャケットなどは例外ですが、シルエットがタイト過ぎたり重くて肩が凝るものは、持っていても着る機会は多くないのではないでしょうか?

⑤自分が好きなパーツは強調してみて

自分らしい魅力をアピール♡

基本的なことですが、身体のシルエットを完全に隠すとメリハリがなくて野暮ったく見えてしまいますよね。自分らしい魅力をアピールするために、ウエストや脚など気に入っている部分を少し強調してみましょう。

今はダイエット中で自信がない...という方は、「首」を出すことを意識してみてください。髪をアップにしてうなじを見せたり、短めのパンツや七分袖で足首や手首を出すだけでも印象は変わります。

⑥毎日同じでもOK!

他人の目より自分の気分が大切!

例えば「デニムが一番好きだけど、毎日同じ服を着てるって思われたらどうしよう」と不安になったことはありませんか?しかし他人の目を気にしていたら、自分スタイルを確立することはできないんです。

他の人が前日何を着ていたかを細かく覚えている人は、滅多にいません。気にし過ぎて時々コーデを失敗するより、毎日お洒落な方が良いと思いませんか?

自分を好きになるためのきっかけに♡

外見よりも内面磨きの方が大切なのは当然ですが、気に入らない服を着ている日は自分に自信がなくなってしまいますよね。ファッションで自分らしさを表現することは、毎日を楽しく過ごすために欠かせないことなんです。

さらにお買い物で失敗することも減るので、散財し過ぎて後悔することも少なくなりますよ。自分らしいファッションを見つけることは、自分をもっと好きになるためのきっかけになります♡

記事に関するお問い合わせ