無料の会員登録をすると
お気に入りができます

名作映画を屋外で無料鑑賞!レトロな喫茶メニューも味わえる「HIBIYA CINEMA FESTIVAL 2020」開催

旅行・おでかけ

東京ミッドタウン日比谷では、2020年10月16日(金)から11月8日(日)まで、「HIBIYA CINEMA FESTIVAL(日比谷シネマフェスティバル)2020」を開催。昭和の時代から映画文化の中心地として栄える日比谷で、屋外の大型ビジョンによって新旧の名作映画を無料鑑賞できる。期間中は、昭和レトロと令和モダンの新旧カフェメニューが味わえる企画も登場。ここへ来ればきっと、もっと映画が好きになる!

「HIBIYA CINEMA FESTIVAL 2020(会場イメージ)

WITHコロナ時代でも屋外の大型ビジョンで快適に鑑賞を

「HIBIYA CINEMA FESTIVAL」は、昨年までの累計で約250万人が来場したという人気のイベント。これまでは、「デジタル×映画」などの新しい試みが好評だったけれど、3回目となる今回はWithコロナ時代の今だからこそ伝えたい“新しい映画の楽しみ方”を発信する。

新旧の名作映画を上映する日比谷ステップ広場の大型ビジョンでは、リクライニング状態でも座席の前後・左右に約1.5mとゆったり空間を確保できるデッキチェアを配置。

普段は閉じられた空間で観ることの多い映画を、屋外大型ビジョンを中心に、万全の対策を講じたうえで密を避けて快適に鑑賞できる。上映会の詳細なスケジュール(10月8日頃公開予定)に関しては、公式ホームページでチェックして。

『ローマの休日』Copyright (c) 1953 Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved. TM, R & Copyright (c) 2003 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

名作ふたたび!「日比谷映画劇場 おかえりなさい上映会」

1934年(昭和9年)に開業し、日本初のロードショーを実現させた伝説の大劇場「日比谷映画劇場」が、惜しまれつつ閉館したのは1984年(昭和59年)。そこから35年の時を経て、10月16日(金)から30日(金)まではリバイバル企画として「日比谷映画劇場 おかえりなさい上映会」を実施する。

上映会では、当時の最終興行企画“生まれて半世紀! さよならフェスティバル” で上映された作品のなかから一部を再上映。ラインナップは、『アラビアのロレンス』『ローマの休日』『第三の男』『美女と野獣(1946年)』『麗しのサブリナ』『喝采』の全6作品。オードリー・ヘプバーンなど往年のスターがスクリーンでよみがえる。

「アニメーションとは違う良さが感じられる『美女と野獣(1946年)』など、いろいろな作品の原点となった映画をぜひご覧いただきたい」と、広報担当者さん。昔懐かしい名作とともに、最終興行のときの熱気を追体験しよう。

(c)2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会

注目の黒沢清監督も登壇!「トロント日本映画祭 in 日比谷」

10月16日(金)から30日(金)まで開催される「トロント日本映画祭 in 日比谷」では、カナダで同時開催中の映画祭のラインナップを上映。現地のように、日本映画を「英語字幕・海外出品Ver.」で体験できるので、いつもとは違った視点で楽しめる。

上映されるのは、『前田建設ファンタジー営業部』『今日も嫌がらせ弁当』『フジコ・ヘミングの時間』『最高の人生の見つけ方』『カメラを止めるな!』などで、一部の作品では上映前に監督が登壇して見どころや作品秘話を伝えてくれるとか。

注目は、新作『スパイの妻』が先ごろベネチア映画祭で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞した黒沢清監督。『旅のおわり世界のはじまり』の上映前に登壇予定なので、この機会に会いに行くのもいいかも。

このほか、10月31日(土)から11月8日(日)までは「第33回東京国際映画祭 日比谷会場 屋外上映会」として、戦隊ヒーローの映画なども上映されるので、好きな人はこちらもどうぞ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ