無料の会員登録をすると
お気に入りができます

犬が『遊ぼう!』と誘ってきている時の仕草や行動5選

「プレイバウ」ってご存知ですか?愛犬があなたに見せる仕草のことを言います。『犬が“遊ぼう!”と誘ってきている時の仕草や行動』についてまとめました。

ペット

犬が「遊ぼう!」と誘っているとき

1.プレイバウのポーズをする

前かがみになり、お尻を突き上げるようなこのポーズ。犬が遊びに誘うときの仕草や行動のひとつです。人を遊びに誘うときも、犬を遊びに誘うときも、どんな相手にもこのプレイバウのポーズをします。

高い唸り声をあげていたり、吠えたり、おもちゃを口にくわえていることもあります。このポーズで唸り声をあげられると、何か怒っているのではないか、飛びかかってくるのではないかと、身構えてしまう人もいるかもしれません。

遊んでほしくて興奮していたり、飛びかかってくることもありますが、決して攻撃をしたいわけではありません。ただ、遊びに誘っているだけです。

2.おもちゃを運んでくる

「このおもちゃで遊んで!」「このボールを投げて!」と遊びに誘うとき、おもちゃを運んできますね。誰にでもわかる仕草や行動ですので、これができる犬はとても賢いのではないでしょうか。

わざと無視していると、膝の上におもちゃを落としたり、おもちゃを口にくわえたまま人のカラダに押し付けてきたり、さらに上手にアピールすることができる犬もいます。どんなおもちゃを運んできたのかによって、今どんな遊びがしたいのか、ということもわかります。

ロープのおもちゃなら、引っ張りっこがしたいのでしょう。ボールなら、遠くに投げてほしいのでしょう。運んできたのに、おもちゃを受け取ろうとすると、サッと口にくわえて逃げることがあります。きっと、“ぼくのおもちゃを奪えるなら奪ってみて~♡”と、からかって遊んでいるのでしょう。

3.お散歩の準備を始める

ドッグランへ遊びに行く習慣があったり、外で遊ぶことが好きな犬は、遊びに誘うとき、お散歩の準備を始めることがあります。たとえば、リードを口にくわえて持ってきたり、出かけるときに来ていく服を口にくわえて持ってきたりします。キャリーバッグやクレートの中に入って待機する犬もいますね。

そんなかわいい仕草や行動で「遊びに行こう!」なんて誘われたら、飼い主さんや家族には胸きゅん♡な瞬間ですよね。周りの状況をよく見て聞いて判断することができる賢い犬ですから、雨の日は遊びに誘ってきません。お散歩の準備を始めることもありません。音や匂いで雨が降っていることを理解できるようです。

4.鳴き笛を鳴らす

犬が口にくわえて強く噛むと、ピーッ!と音が鳴るおもちゃがありますね。中に入っている物のことを鳴き笛と呼びます。この鳴き笛を鳴らすことが、「遊ぼう!」のサインです。

遊びに誘う仕草や行動をすることが、不器用な犬なのかもしれません。ひとり遊びを楽しんでいるようにも感じられてしまいますし、あまりにもピーピー鳴らしていると、静かにして!と、飼い主さんから注意されてしまうこともあります。

わざと音の鳴るおもちゃは与えないようにしている、という飼い主さんもいらっしゃるかもしれません。鳴き笛の音が聞こえたら、あまりにもしつこく音を鳴らしているときは、きっと「遊ぼう!」とサインです。「遊ぶ?」と声をかけてあげてみてください。犬の表情がパッと明るくなるのがわかるはずです。

5.顔や手を舐める

人の顔や手を舐めるのも、遊びに誘うときの仕草や行動のひとつです。何かを要求するときの仕草や行動で、お散歩に誘うとき、おやつをおねだりするとき、ごはんがほしいとき、甘えたいときなど、多くの表現のためにこの仕草や行動をします。子犬が母犬に何かを要求するとき、母犬の口元を舐めて表現します。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ