無料の会員登録をすると
お気に入りができます

キツすぎないから続けたくなる! お腹を凹ませるおうちトレーニング3選

ビューティ

脂肪ではなく筋肉で内臓を守ればお腹はスッキリ

お風呂上がりに鏡を見たとき、ウエストホックを締めるとき、食後にお腹まわりがキツくなるとき…。お腹を1年中、いや、1日中気にしながら、「キツい筋トレをしないと凹まなそう…」と諦めていませんか?

「お腹部分には骨がないため、筋肉が衰えてくると、脂肪をつけて内臓を守ろうとします。つまり、筋肉を鍛えてお腹を守ってあげれば、よけいな脂肪はつきにくくなるということです。鍛える方法も、道具を使ったハードなトレーニングではなくても大丈夫! 運動が苦手な人でもチャレンジしやすいメニューをご紹介するので、ぜひチャレンジしてみてください」

キツすぎないため継続しやすい、八木さん厳選のトレーニングを3種類紹介します。

●スウェイバック

ひざ立ちになり、ひざから上を後ろに倒すトレーニングです。腹筋を使い、体のラインを一直線に保つのがポイントです。

床にひざ立ちになります。
ひざは腰幅に開き、足はつま先立ちに。
腕は胸の前でクロスさせておきます。

腕をクロスさせたまま、ひざを支点に体を後ろに倒します。
ひざ〜肩のラインを一直線に保ったままゆっくり倒し、ゆっくりと<1>に戻ります。
これを10回くり返し、2セット行います。

<これはNG!>

体を倒すときにおへその位置が落ち、横から見たときに体が「く」の字になってしまうのはNG。おへそを突き出すようにイメージし、肩〜ひざのラインを一直線にキープして行いましょう。

●リバースクランチ

お腹をコルセットのように締めてくれる腹横筋は、息を吐くときに収縮するインナーマッスルです。「吐く」ことを意識して行い、効果を高めましょう。

床に座り、両脚をそろえて前に伸ばします。
骨盤を立て、背すじを伸ばしたら、両腕を肩の高さで正面に伸ばし、手のひらを上に向けます。

息を吐きながら、上体を後ろに倒します。
同時に、腕を左右に開いていきます。
みぞおちを奥に入れ込むように、倒せるところまで倒して息を吐ききったら、息を吸いながら上体を戻し、腕も閉じていきます。
<1>に戻り、これを10回くり返し、2セット行います。

<これはNG!>

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ